ライリー・パイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ライリー・ピント
ライリー・パイント
Riley Pint
コロラド・ロッキーズ (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カンザス州ジョンソン郡レネックサ
生年月日 (1997-11-06) 1997年11月6日(20歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 MLBドラフト1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • セントトーマス・アクイナス高等学校英語版

ライリー・ケネス・パイントRiley Kenneth Pint, 1997年11月6日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州ジョンソン郡レネックサ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBコロラド・ロッキーズ傘下所属。

メディアによっては「ピント」と表記されることもある。

経歴[編集]

2016年MLBドラフト1巡目(全体4位)でコロラド・ロッキーズから指名され[1]、プロ入り。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級グランドジャンクション・ロッキーズでプロデビュー。11試合に先発登板して1勝5敗・防御率5.35・36奪三振の成績を残した。

2017年はA級アッシュビル・ツーリスツでプレーし、22試合に先発登板して2勝1敗・防御率5.42・79奪三振の成績を残した。

2018年にMLB.comが発表したプロスペクト英語版ランキングでは100位(シーズン途中で圏外に漏れる)、ロッキーズの組織内では3位(シーズン途中で5位に下降)にランクインした[2][3]

投球スタイル[編集]

最速102mphの豪腕で、ノア・シンダーガードと比較する声もある。カーブも秀逸だが、課題は兎にも角にもコントロールと言われる[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ Ashley Scoby (2016年6月9日). “Aquinas pitcher Riley Pint goes to Colorado Rockies with No. 4 pick in MLB Draft” (英語). The Kansas City Star. https://www.kansascity.com/sports/article82914927.html 2018年8月14日閲覧。 
  2. ^ 2018 MLB Prospects Watch – 100 Prospects. MLB.com. Retrieved on August 14, 2018.
  3. ^ 2018 MLB Prospects Watch – Colorado Rockies Top 30 Prospects list. MLB.com. Retrieved on August 14, 2018.
  4. ^ 「2018 - 2022 全30球団未来予想図 コロラド・ロッキーズ」『月刊スラッガー』2018年3月号 日本スポーツ企画出版社 68頁
  5. ^ 「2018 プロスペクト・ランキングTOP101」『月刊スラッガー』2018年5月号 日本スポーツ企画出版社 48頁