ライヴ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライヴ
著者 山田悠介
発行日 2005年5月31日
発行元 角川書店
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 198
コード ISBN 978-4-04-873615-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ライヴ』は、山田悠介による日本の小説。およびこれを原作とする日本映画。

あらすじ[編集]

致死率の高いドゥーム・ウイルスが世にはびこる中、ネット上では特効薬がもらえるイベントがあるといううわさが流れていた。 フリーターの青年・田村直人が、そのウイルスに感染した母を救うべく、イベント会場へ行くと、トライアスロンで完走すれば特効薬がもらえると告げられた。

お台場を起点に、デスレースが始まった。

登場人物[編集]

映画[編集]

ライヴ
原作 山田悠介
出演者 山田裕貴
大野いと
森永悠希
津田寛治
森下能幸
諏訪太郎
生稲晃子
志垣太郎
音楽 福田裕彦
主題歌 片平里菜
撮影 長野泰隆
編集 和田剛
製作会社 KADOKAWA『ライヴ』製作委員会
配給 KADOKAWA
公開 日本の旗 2014年5月10日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 400万円[1]
テンプレートを表示

今作を原作とする映画が2014年5月10日に公開された。監督は井口昇

あらすじ[編集]

ある日、フリーターの青年・田村直人[注 1]の家に山田悠介の小説『ライヴ』が届いた。彼の携帯端末には母親の監禁映像が届き、謎の男から「お前の母親に殺人ウイルスを注射されるのが嫌だったら、小説『ライヴ』に隠されたヒントを解き、デスレースに参加しろ」という電話がかかってきた。 そのデスレースには、彼と同じように大切な人を誘拐された人々が集っていた。 後戻りができないと思った直人は、このレースに臨んだ。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:井口昇
  • 脚本:井口昇
  • 製作:安田猛、小沼修
  • エグゼクティブ・プロデューサー:井上伸一朗
  • プロデューサー:二宮直彦、三浦宏之、千綿英久
  • 協力プロデューサー:福井真奈
  • 撮影:長野泰隆
  • 特殊造型監督:西村喜廣
  • 特殊造型・特殊メイク:石野大雅
  • アクション監督:カラサワイサオ
  • 音楽:福田裕彦
  • 主題歌:片平里菜あなた
  • 照明:児玉淳
  • 録音:高島良太
  • 編集:和田剛
  • 衣装:吉田実穂
  • ヘアメイク:リョータ
  • VFX:鹿角剛
  • 配給:KADOKAWA

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Allcinemaでは田中直人と表記されていた(「田村直人」に修正済み)

出典[編集]

  1. ^ キネマ旬報』2015年3月下旬 映画業界決算特別号、93頁。