ラウフ・イニレーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラウフ・イニレーエフ Football pictogram.svg
名前
本名 Rauf Talgatovich Inileev
ロシア語 Рауф Талгатович Инилеев
基本情報
国籍  ウズベキスタン
生年月日 (1950-09-08) 1950年9月8日(68歳)
出身地 タシュケント
選手情報
在籍チーム ソグディアナ・ジザフ
ポジション 監督
背番号 -
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973–1975 ソビエト連邦の旗 パフタコール・タシュケント
ソビエト連邦の旗 メフナト・ジザフ
ソビエト連邦の旗 スタート・タシュケント
ソビエト連邦の旗 ズヴェズダ・ジザフ
監督歴
ズヴェズダ・ジザフ
1993–1996 チランザール・タシュケント
1997–2000 ソグディアナ・ジザフ
シュルタン・グザル
FKアンディジャン
2006–2007  ウズベキスタンU-23
2007–2008  ウズベキスタン
2009 FKブハラ
2010– ソグディアナ・ジザフ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラウフ・タルガトヴィチ・イニレーエフ (ラテン文字:Rauf Talgatovich Inileev、ロシア語: Рауф Талгатович Инилеев1950年9月8日 - ) は、ウズベク・ソビエト社会主義共和国タシュケント出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者である。現在はソグディアナ・ジザフで指揮を採っている。

キャリア[編集]

1973年、イニレーエフはパフタコール・タシュケントに加入し、リザーブチームでプレーした[1] 後、メフナト・ジザフ (Mekhnat Jizzakh) へと移籍した。その後、ズヴェズダ・ジザフに移籍して現役を引退した。

監督[編集]

彼はサッカー選手としてのキャリアを終え引退した後はズヴェズダ・ジザフ (現在のソグディアナ・ジザフ) で監督としてのキャリアを開始した。1993年、彼はウズベク・リーグ2部のチランザール・タシュケントの監督に就任し、1996年には1部昇格を成功させた。1997年から2000年までは再びソグディアナ・ジザフの監督を務めた。2006年、U-23サッカーウズベキスタン代表の監督に就任した。U-23サッカーウズベキスタン代表の監督として、イニレーエフはU-23代表をドーハで開催された2006年アジア競技大会においてベスト8に導いた。

2006年12月31日、ヴァレリー・ニポムニシの後を受けてサッカーウズベキスタン代表の監督に就任し[2][3]ミルジャラル・カシモフがアシスタントコーチに就任した。2007年11月28日、イニレーエフはAFCアジアカップ2007におけるウズベキスタン代表の躍進を評価されAFCのアジア最優秀監督賞を受賞した[4]

2010 FIFAワールドカップ・アジア予選の4次予選で初戦の出来が良くなかったため、イニレーエフは代表監督を解任されミルジャラル・カシモフが2008年9月19日に後任監督に就任した[5]

2009年1月、彼はFKブハラと2年契約を交わしたが、シーズンで成績が思わしくなかったことから1年で監督を解任された。

獲得タイトル[編集]

監督[編集]

  • ウズベキスタン年間最優秀監督賞 1位: 2007
  • ウズベキスタン年間最優秀監督賞 2位: 2006
  • アジア年間最優秀監督賞: 2007

脚注[編集]

  1. ^ The deserved recognition”. Uzbekistan Today (2007年12月7日). 2011年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月27日閲覧。
  2. ^ Сборную Узбекистана возглавил Инилеев”. rambler.ru (2006年12月31日). 2012年12月27日閲覧。
  3. ^ Inileev takes over Uzbekistan reins”. AFC.com (2007年1月6日). 2012年12月27日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ Rauf Inileev named the best coach of Asia in 2007”. Uzdaily.com (2007年11月28日). 2012年12月27日閲覧。
  5. ^ Касымов возглавил сборную Узбекистана”. championat.com (2008年9月19日). 2012年12月27日閲覧。