ラウル・ゴンサレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴンサレス第二姓(母方の)はブランコです。
ラウル Football pictogram.svg
Raúl González Blanco-may 2019.jpg
2019年
名前
本名 ラウル・ゴンサレス・ブランコ
Raúl González Blanco
愛称 スペインの至宝
マドリードの天使[1]
ラテン文字 RAÚL
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1977-06-27) 1977年6月27日(43歳)
出身地 マドリード
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW (ST)
ユース
1990-1992 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
1992-1994 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994 スペインの旗 レアル・マドリードC 7 (16)
1994 スペインの旗 レアル・マドリードB 1 (0)
1994-2010 スペインの旗 レアル・マドリード 550 (228)
2010-2012 ドイツの旗 シャルケ 66 (28)
2012-2014 カタールの旗 アル・サッド 39 (11)
2015-2016 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・コスモス 28 (8)
通算 882 (386)
代表歴
1994 スペインの旗 スペイン代表 U-18 2 (4)
1995 スペインの旗 スペイン代表 U-20 5 (3)
1995-1996 スペインの旗 スペイン代表 U-21 9 (8)
1996 スペインの旗 スペイン代表 U-23 4 (2)
1996-2006 スペインの旗 スペイン 102 (44)
監督歴
2018-2019 スペインの旗 レアル・マドリードU-15
2019 スペインの旗 レアル・マドリードU-18
2020 スペインの旗 レアル・マドリードU-19(暫定)
2019- スペインの旗 レアル・マドリードB
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラウル・ゴンサレス・ブランコRaúl González Blanco1977年6月27日 - )は、スペインマドリード州マドリード出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード。元スペイン代表ラウールと表記されることもある。現在はレアル・マドリード・カスティージャ監督。

概要[編集]

レアル・マドリードの歴代最多出場、2015年にクリスティアーノ・ロナウドに更新されるまでクラブ最多得点[2]の記録保持者であり、レアル・マドリードの象徴的存在の選手[3]。欧州カップ戦における通算得点記録保持者でもある。その他スペイン代表でも102試合に出場して44得点を挙げ、当時の歴代最多得点記録も持っていた。2002 FIFAワールドカップ後から最後の代表招集まで主将を務めた。その知名度の高さから2016年オリンピックのマドリード招聘のためにコペンハーゲンにて最終プレゼンを任された[注 1]。2015年よりLFPのアンバサダー(親善大使)を務め、また、FAO大使としての活動も行なっていた[4]

レアル・マドリード、シャルケ04アル・サッド、スペイン代表とキャリアのほとんどで背番号7を背負ってきた。マンチェスター・ユナイテッドで背番号7を付けていたデビッド・ベッカムクリスティアーノ・ロナウドも、レアル・マドリードではラウルが7を付けていることから別の番号を背負ってプレーした[注 2]

クラブ来歴[編集]

生い立ち[編集]

スペインの首都マドリードに生まれる。父親ペドロはエンジニアで職場がアトレティコ・マドリードの本拠地の近所だったため、ラウルは幼少の頃から身近にサッカーがあったという。10歳でカランサスという学校のクラブチームに入る。ずば抜けたゴール感覚は当時から際立っていたという。当時アトレティコのユースを指揮していたフランシスコ・デ・パウラが入団を申し出に訪問。父親ペドロがアトレティコのファンであったことからも、すぐさま承諾し、アトレティコ下部組織の一員となる[5]が同クラブのユース経営終了に伴い放出される。

レアル・マドリード[編集]

1992年にレアル・マドリードのユースに移籍。その2年後、当時監督をしていたバルダーノによってトップチームに昇格し、1994年10月のサラゴサ戦でクラブ最年少記録の17歳と4ヶ月でトップチーム・デビュー[6]。しかし、その試合ではあまり活躍できず、さらにはチームも負けてしまい、ラウルとバルダーノは批判を浴びた[7]。しかし翌週の第10節、アトレティコ・マドリード戦に先発出場し、ミッチェルサモラーノのゴールをアシスト、37分にはラウドルップのアシストからプロ入り初得点を決める活躍を見せ[8][7]、チームの中心人物であったブトラゲーニョからポジションを奪い[9]、初年度はリーグ戦では28試合で9ゴールを決め、自身初のリーグ制覇に貢献した。

1995-96シーズン、第5節のFCバルセロナ戦ではラウドルップとのワンツーでクラシコ初ゴールを決めた[10]。10月18日、チャンピオンズリーグ、グループステージのフェレンツヴァーロシュTC戦では、同大会史上最年少ハットトリックにして、プロ入り後初のハットトリックを決めた[11][12]。1996-97シーズン、ファビオ・カペッロ監督指揮下でも中心選手としてリーグ戦では21ゴールを決めて[12]、2度目のリーグ制覇に大きく寄与した。

1997-98シーズン、チャンピオンズリーグ決勝でユベントスを破り、初の欧州制覇を成し遂げ、1998-99シーズン、トヨタカップヴァスコ・ダ・ガマとの対戦では相手DFを軽々かわして決勝ゴールを決め、大会MVPを受賞した[13]。第21節のレアル・バリャドリード戦でラリーガでは初のハットトリックを決めるなど[12]ラ・リーガ得点王に輝いた。1999-00シーズン、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝のバレンシア戦でチームの3点目となるダメ押しゴールを決めるなど[12]、11ゴールを挙げ大会得点王となった。」

2000-01シーズン、スーパーカップのレアル・サラゴサ戦, 2ndレグではハットトリックを決めて優勝[12]、リーグ戦では2度目のラ・リーガ得点王UEFAチャンピオンズリーグでも準決勝のFCバルセロナ戦、2ndレグでゴールを決め[12]、決勝進出に貢献、決勝のバイエル・レバークーゼン戦でゴールを決めて[12]優勝に貢献するなど、得点王になった。2001年には、バロンドールにおいて2位、FIFA最優秀選手賞では3位にそれぞれ選ばれた。また、1999-00シーズンから2001-02シーズンまでの3年間、UEFA年間最優秀FW賞に選ばれた。

ラウルは7シーズンの間クラブキャプテンを務めた

2002-03シーズン、クラブの銀河系政策により、コンビを組むFWが最高の連携を見せていたフェルナンド・モリエンテスグティからロナウドへシフトした。翌2003-04シーズンには、主力の守備的選手が移籍、またラウルは運動量のないロナウドのサポート的な役割が増大し、次第に自身の得点が減少していった。2003年11月には、マドリード市内に所在するレイ・フアン・カルロス大学 (Universidad Rey Juan Carlos) のスポーツ施設入り口にエスタディオ・ラウル・ゴンサレス・ブランコ (El Estadio Raúl González Blanco) が設立された[14]

2005-06シーズン、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節、オリンピアコス戦で通算50ゴールを記録し歴代1位になった。また、スペイン代表の最多得点記録もかつて持っており、スペイン代表の800得点目と900得点目を決めたのも彼である。2006年8月15日のアイスランドとの親善試合(0-0)で史上2人目の代表通算100試合出場を達成した。

2006-07シーズン前、当時調子を落としていたラウルをクラブ上層部がレンタル移籍させる事で話を進めていたが、ファビオ・カペッロ監督が反対し放出を免れた。また、同年ルート・ファン・ニステルローイが加入し、出場機会が減少したロナウドが半年後に移籍した。そしてそれまで迷走中だったマドリーはシーズン終盤戦に立て直り4シーズンぶりに優勝を飾った。

2007-08シーズン、シーズンを通して本来のセカンドトップで起用されるようになるとかつてのような得点力を取り戻し[15]、第36節のバルセロナ戦でクラシコでは最後となったゴールを決めるなど[12]、前シーズンを大きく上回る得点を記録、リーグ優勝の原動力となった。また、このシーズンより始まったトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノの最初の受賞者となった[16]。2008-2009シーズン、2月15日のスポルティング・ヒホン戦で2ゴールをあげ公式戦通算ゴール数を309とし、クラブ歴代の最多得点記録を持つアルフレッド・ディ・ステファノの307をも超えた[17]。33節のセヴィージャ戦ではラリーガでの最後のハットトリックを決めた[12]

R.マドリード最終シーズンのラウル

2009年2月、2010-2011シーズン限りで現役引退あるいは欧州の舞台から退く可能性を示唆した。2009-10シーズン開幕前に再びフロレンティーノ・ペレスがレアル・マドリードの会長となり、大型補強を行った。その影響もあり出場機会が減少した。

2010年2月に行われたテネリフェとの試合に途中出場したラウルは、ロスタイムにファン・デル・ファールトのクロスからリーガ・エスパニョーラ通算227ゴール目となるゴールを決めた。これにより、ディ・ステファノと並びリーガ・エスパニョーラの得点記録歴代3位となり、テルモ・サラの持つ最多得点記録251まであと24と迫った。また同時に、フランシスコ・ブーヨのリーガ・エスパニョーラ542試合出場と並んで出場試合数においても歴代3位タイとなった[18]。デビューしたスタジアムでもあるラ・ロマレーダで行われた第34節のサラゴサ戦では、ラウルにとってレアル・マドリードでの最後の得点となる先制点を挙げ[12]、7月にレアル・マドリードを退団した。

シャルケ04時代[編集]

シャルケでプレーするラウル

2010-11シーズンの移籍市場にて、シャルケ04と2年契約を結んだ。シャルケの監督を務めていたフェリックス・マガトは、公式サイト上で「シャルケにとって素晴らしいニュースだ。並外れた選手であり、ワールドクラスのストライカーの獲得に成功した」と紹介した[19]。シャルケでの初試合となった8月1日のバイエルン・ミュンヘンとの非公式親善試合で初得点を記録し、チームも勝利した。公式戦デビューは7日のDFLスーパーカップで、再びバイエルン・ミュンヘンとの試合であった。しかしその試合では得点を挙げることができず、チームも敗れた。21日のハンブルガーSV戦でブンデスリーガデビューを果たした。9月25日、第6節のボルシアMG戦で移籍後公式戦初ゴール[20]、11月20日、第13節のブレーメン戦[21]、12月17日のケルン戦で[22]それぞれハットトリックを決めた。チャンピオンズリーグでは10月20日、ハポエル・テルアビブ戦での2ゴールで自身の持つCL最多得点を68に更新した。2011年2月、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグバレンシアCF戦において、自身のCL最多得点を69に更新し、欧州カップ戦の合計でもフィリッポ・インザーギを抜いて単独最多の71得点とした。またこの試合でCL出場試合数も139となり、パオロ・マルディーニの最多記録に並んだ[23]

2011-2012シーズン、12月17日のヴェルダー・ブレーメン戦ではハットトリックを決め[24]。2月19日のVfLヴォルフスブルク戦ではシャルケでの33得点目を記録し、レアル・マドリードでの323得点及びスペイン代表での44得点と合わせてキャリア通算400得点を達成した[25]

2012年で契約満了となるラウルに対してシャルケは1年間の契約延長を提示したが、新たな2年契約を望んでいたとされる[26]ラウルとの間で交渉は決裂。ラウルが家族との時間を多く確保したいと希望したこともあり[27]、2011-12シーズン終了後に退団することが公式HPで発表された[28]。4月28日、第33節のヘルタ・ベルリン戦でシャルケでのラストゴールを決めた[20]。シャルケのスポーツディレクターを務めるホルスト・ヘルトは、2年しかプレイしていないにも関わらずラウルの背番号7を永久欠番とする意向を発表した[29]

アル・サッド時代[編集]

アル・サッドでのラウル

2012年5月13日、カタールリーグアル・サッドが公式HP上で、ラウルが1年契約で加入することを発表した[30]。ラウルはクラブの副キャプテンを任され、8月5日のシェイク・ジャシムカップで公式戦初出場、PKから得点も挙げた[31]。ラウルはリーグ9得点を挙げ、アル・サッドのリーグ優勝に貢献した。

2013年8月22日、トロフェオ・サンティアゴ・ベルナベウサンティアゴ・ベルナベウに凱旋。前半はレアル・マドリード、後半はアル・サッドの選手としてプレーしたラウルは、前半にアンヘル・ディ・マリアのパスから得点を挙げた。

2013-14シーズンは、カタールリーグでは3位に終わったものの、アミールカップを獲得した。

ニューヨーク・コスモス時代[編集]

2014年夏、契約満了のためアル・サッドを退団。現役引退も報じられたが[32]、2014年10月30日、ニューヨーク・コスモスに2015年からの加入とユースアカデミーのテクニカルアドバイザーを兼任することが発表された[33]。ユースのテクニカルアドバイザーも務めることが明らかとなっており、現役を退いた後も同クラブの若手指導に尽力することとなる。2015年、北米サッカーリーグ(NASL)のタイトルを獲得し、現役最後の試合オタワ戦で先発出場を果たす。先制したNYコスモスは、その後も追加点を挙げるなど3-2で勝利を収めて優勝し、現役最後の試合を有終の美で飾った。

代表来歴[編集]

1995年にはスペイン代表としてワールドユース選手権に出場。5試合で3得点を挙げた。また、1996年に行われた自国開催のUEFA U-21欧州選手権にも出場、9試合で8得点を挙げる活躍をし、スペインの準優勝に貢献した。ラウルは各世代の代表ユースで、合計17得点を記録した。

1996年10月9日、1998 FIFAワールドカップ予選のチェコ戦で先発出場してフル代表デビューを果たし[34]、12月14日、同予選のユーゴスラビア戦でフル代表初ゴールを決めた[34]。本大会ではグループリーグ初戦のナイジェリア戦では試合に敗れたが、ゴールを決めた[34]。第3戦のブルガリア戦ではモリエンテスのゴールをアシストしたが[34]、1勝1負1引き分けで決勝トーナメントにも進出出来なかった。EURO 2000の予選では、オーストリア代表との試合で4ゴールを挙げ[34]、さらにその4日後に行われたサンマリノ代表戦でもハットトリックを記録[34]。本大会ではグループリーグ第2戦のスロベニア戦で1ゴールを決め[34]、第3戦のユーゴスラビア戦ではアルフォンソのゴールをアシストして勝利し[34]、決勝トーナメントに進出した。

2002年、ワールドカップ日韓大会ではグループリーグ初戦のスロベニア戦で1ゴール[34]南アフリカ戦では2ゴール[34]、グループリーグでは3ゴール1アシストを決め、準々決勝の韓国戦では負傷で出場せず、チームはPK戦の末に破れ、準決勝に進出出来なかった。2006年のワールドカップドイツ大会ではグループリーグの3試合にいずれも途中出場[34]、第2戦のチュニジア戦で1ゴールを挙げ[34]、ラウンド16のフランス戦では先発し54分間プレーしたが、チームは1-3と敗れた[34]。2006年9月6日の北アイルランド 戦が代表最後の試合となった[34]

現役引退後[編集]

引退後は、引き続きニューヨークに居住し、上述のNYコスモスのテクニカルアドバイザーを務めつつ、LFPの北米大使に就任している[35]

2017年に故郷のマドリードに帰還し、育成部門のスタッフとして古巣レアル・マドリードに7年ぶりに復帰した[36]。同時にUEFAのコーチングコースを履修しており、2018年に監督ライセンスを取得、1年間の育成年代での指導が義務づけられていることから、2018-19シーズンより下部組織の監督就任が内定したことが報じられ、カデーテB(U-15)の監督に就任したが[37][38]、2019年3月にフベニールB(U-18)の監督を務めていたアルバロ・ベニトの解任(コメンテーター業でトップチームの選手を批判したことが原因とされる)を受け、後任にラウールが昇格。2019年6月20日、レアル・マドリード・カスティージャの監督昇格が発表。

2019-2020シーズンは、カスティージャはリーグ7位で2部昇格を逃した。また2020年7月にはフベニールAの監督を務めていたダニエル・ポジャートスパナシナイコスFCの監督に就任、ラウールが暫定監督としてフベニールAの残り試合を指揮することになり、フベニールAはUEFAユースリーグでクラブ史上初の決勝進出、さらに決勝戦の対SLベンフィカU-19戦で3-2で勝利、クラブ史上初のユースリーグ優勝に導いた。

プレースタイル[編集]

素早い思考やスペース活用の上手さ、ゴールへの嗅覚を活かした、ゲルト・ミュラーエミリオ・ブトラゲーニョのようなプレーが持ち味。その他にも、ヘディングも得意であり、ループシュートなどのテクニカルなシュートやペナルティエリア外からのミドルシュート、ドリブルからの得点などあらゆる形で得点することができた[39]。タックルやディフェンスもでき、フェルナンド・モリエンテスロナウドルート・ファン・ニステルローイら様々なタイプのFWとコンビを組むことができた[40][41]

パスの受け手にも送り手にもなれる器用さを持ち、得点だけでなくアシストやチャンスメイクにも優れている[42][43]。セカンドストライカーとしての他にもサイドハーフとしてもプレーできるほか[15][44]、1997-98シーズンなど攻撃的MFとしてプレーすることもあった。また、運動量も豊富であり、自宅に低酸素室を設置して心肺の強化に努めている。フェルナンド・イエロは、技術や上品さ、パフォーマンスからフェラーリに喩えて賞賛した[45]

ドン・バロン・アワードでは、最多の5度最優秀スペイン人選手に選ばれており、2004年にはFIFA 100にも選ばれている。この賞に選ばれたスペイン人は、ラウルの他にはブトラゲーニョ、ルイス・エンリケの2人のみである。フランチェスコ・トッティは「ラウルのような選手がバロンドールの受賞経験がないなんておかしな話だよ」と賞賛した[46]

エピソード[編集]

ゴールパフォーマンス[編集]

背番号を指すゴールパフォーマンスをするラウル

ゴールを決めた際に、結婚指輪キスするゴールパフォーマンスは有名[47]ワールドサッカーダイジェストのインタビューにて、試合前審判に指輪を外すよう言われたことは何度もあるが、そのたび隠して持ち込んでいたと話している。他にはゴールを決めた際に背番号を指したりアシストした選手を指差して称えるパフォーマンスがある。

1999年10月3日にカンプ・ノウで行われたFCバルセロナとのエル・クラシコにて、ラウルの得点後バルセロナに2失点を喫した後半41分にラウルが2得点目を奪って同点に持ち込んだ。2得点目を決めた後、敵地の大観衆に向かって口に人差し指を当てて疾走した[48]

家族・人間関係[編集]

家族は、妻のマメン・サンスと息子4人と娘1人(三男と四男は双子)。長男の名前は彼をトップチームでデビューさせた当時の監督ホルヘ・バルダーノに、次男の名前はラウルのアイドルでレアル・マドリードのストライカーだったウーゴ・サンチェスにそれぞれ因んでいる。また、三男はレアル・マドリードに所属したエクトル・リアルに、四男はドイツの名手ローター・マテウスに因んで名付けている[49]フェルナンド・モリエンテスとは大の親友であり、レアル・マドリードとスペイン代表で抜群に息の合った2トップを形成していた。2005-06シーズン、ラウルが負傷していた頃にモリエンテスが所属していたリヴァプールのホームスタジアムアンフィールドにも数回観戦に訪れている。また、2002年8月30日UEFAスーパーカップフェイエノールト戦では、ロナウドの加入問題によって試合に出場できなかったモリエンテスのユニフォームを自らのユニフォームの下に着こんで試合に臨んだ。ラウルはその試合でゴールを決めることは出来なかったものの、試合は3対1で勝利しクラブ史上初のスーパーカップ制覇を成し遂げた。

試合中にラウルに対してエキサイトする選手や演技を指摘する選手は滅多におらず、彼が倒れた場合や接触した場合はほとんどの選手が手を差し出すほど紳士的とされているプレーヤーである。また未だかつてシミュレーションを取られたことはない。2006-07シーズンのFCバルセロナ戦ではシュートを空振った際に足を痛め倒れかけた(その後の診断で靱帯の断裂と判明)ラウルに即座にエジミウソンが手を貸し、その後両チームの選手が駆け寄り心配している姿が放映された。ラウルは重傷にも関わらずゲームを再開させる為に担架を待たずにピッチの外へ片足で移動した。シャルケで同僚となった内田篤人は「献身的で守備もしてくれるがそれでいて点も取る。ああいう選手がいると後ろが楽」「ラウルはスターだが意見も聞いてくれる、そういう人間性が凄い」といった評価をしている[50][51]。内田がマインツ戦で怪我をして走れない時に、内田がドリブルしようとした所、内田のボールをかっさらい「お前は止まっておけ」と気遣いもした。

一方ハビエル・ポルティージョの父親が「息子が放出されたのはラウルのせい」と発言したと報じられたり[52]シシーニョはレアル・マドリード退団から3年後、「(レアル・マドリードの)ロッカールームの中はラウル・マドリード」「ロベルト・カルロスロナウドがいなくなった後、ブラジル人の立場は悪くなり迫害された」と批判されたこともある[53]

その他[編集]

読書家であり、愛読書はアルトゥーロ・ペレス=レベルテ。また、狩りやスペイン音楽、闘牛も好む[54]。優勝時には、レアル・マドリードのエンブレムの入ったカポーテで闘牛のパフォーマンスを行ったこともある[55]。ラウルがレアル・マドリードから移籍した後は、このパフォーマンスはセルヒオ・ラモスに受け継がれた[56]

レアル・マドリードの一員として親善試合のため来日した際、フェルナンド・モリエンテスと共にフジテレビのバラエティ番組・めちゃ×2イケてるッ!のコーナー「やべっち寿司」に出演した。その際にペナルティワッキーが披露した芝刈り機モノマネについて、すごく面白かったと語っている[57]

個人成績[編集]

下部クラブでの成績[編集]

シーズン クラブ カテゴリー 出場 得点
19??-90 サン・クリストバル・デ・ロス・アンヘレス アレビン、インファンティル
1990-91 アトレティコ・マドリード インファンティル 65
1991-92 カデーテ
1992-93 レアル・マドリード カデーテA 26 59
1993-94 フベニールB 3 6
1993-94 フベニールA 17 43
1993-94 Sub-19 8 6
1994–95 C 9 16
1994–95 B
セグンダ・ディビシオン
1 0

トップリーグ成績[編集]

シーズン クラブ 背番号 国内リーグ 国内カップ 国際リーグ1 その他2 通算 スペインユース スペイン代表
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1994-95 レアル・マドリード 28 9 2 1 30 10 7[注 3] 5
1995-96 17 40 19 2 1 8 6 2 0 52 26 11[注 4] 8
1996–97 7 42 21 5 1 47 22 7 1
1997–98 35 10 1 0 11 2 2 3 49 15 9 2
1998–99 37 25 2 0 8 3 2 1 49 29 7 10
1999–00 34 17 4 0 15 10 4 2 57 29 12 4
2000–01 36 24 0 0 12 7 2 1 50 32 11 4
2001–02 35 14 6 6 12 6 2 3 55 29 9 7
2002–03 31 16 2 0 12 9 2 0 47 25 8 4
2003–04 35 11 7 6 9 2 2 1 53 20 12 6
2004–05 32 9 1 0 10 4 43 13 10 3
2005–06 26 5 0 0 6 2 32 7 14 3
2006–07 35 7 1 0 7 5 43 12 3 0
2007–08 37 18 1 0 8 5 2 0 48 23
2008–09 37 18 1 3 7 3 2 0 47 24
2009–10 30 5 2 0 7 2 39 7
レアル・マドリード通算 550 228 37 18 132 66 22 11 741 323
2010-11 シャルケ04 7 34 13 4 1 12 5 1 0 51 19
2011–12 32 15 3 2 11 4 1 0 47 21
シャルケ04通算 66 28 7 3 23 9 2 0 98 40
2012-13 アル・サッド 7 22 9 12 3 0 0 34 12
2013-14 17 2 5 2 5 0 0 0 27 4
アル・サッド通算 39 11 17 5 5 0 0 0 61 16
2015 ニューヨーク・コスモス 7 28 8 2 0 2 1 32 9
ニューヨーク・コスモス通算 28 8 2 0 0 0 0 0 32 9
通算 683 275 63 26 160 75 25 12 932 388 18 13 102 44

1UEFAチャンピオンズリーグ, UEFAカップ, AFCチャンピオンズリーグ. 2スーペルコパ・デ・エスパーニャ, DFLスーパーカップ, UEFAスーパーカップ, インターコンチネンタルカップFIFAクラブワールドカップ.

代表[編集]

  • Sub-18 1993-94 2試合 4得点
  • Sub-20 1994-95 5試合 3得点
  • Sub-21 1994-95 9試合 8得点
  • オリンピック 1995-96 4試合 2得点

102試合 / 44得点

グループリーグで3得点を挙げチームを牽引するも、自身が負傷欠場した準々決勝の韓国代表戦で無念のPK戦負けを喫した。

 同大会終了後、フェルナンド・イエロの代表引退に伴い、キャプテンを引き継いだ。

2003年1月、イエロの持っていたスペイン代表の歴代得点記録を更新。

チームは決勝トーナメントに進めなかったが、ギリシャ代表戦でフェルナンド・モリエンテスのゴールをアシストした。
グループリーグを全勝で1位通過するも、決勝トーナメント1回戦でドイツ大会で引退を表明したジダン率いるフランス代表と激突し敗れた。

代表でのゴール[編集]

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

スペイン

ドイツ

カタール

アメリカ合衆国

個人[編集]

指導者時代[編集]

レアル・マドリード

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 結局マドリードは最終2都市にまで残るもリオデジャネイロに敗れた。ちなみに、リオデジャネイロはペレをプレゼン役に抜擢していた。
  2. ^ クリスティアーノ・ロナウドは、ラウルが移籍した翌シーズンから背番号7に変更した。しかし、アル・サッド時代のレアル・マドリードとの親善試合では、空き番であった11番を付けた。
  3. ^ U-20スペイン代表で5試合3得点、U-21スペイン代表で2試合2得点。
  4. ^ U-21スペイン代表で7試合6得点、U-23スペイン代表で4試合2得点。

出典[編集]

  1. ^ elcomercio.pe (2013年8月22日). “Raúl anotó un golazo en el homenaje que le brindó Real Madrid [VIDEO]”. 2014年9月21日閲覧。
  2. ^ フットボールチャンネル (2015年9月14日). “1試合5得点のC・ロナウド、ラウールを抜いてレアル歴代得点ランクトップに”. 2016年11月14日閲覧。
  3. ^ RealMadrid.com. “ラウール ゴンサレス・ブランコ 1992 · 2010”. 2014年9月21日閲覧。
  4. ^ Number Web (2012年6月10日). “国境を超えて愛される、スペインの“特別な存在”。 ~ラウールをめぐるエピソード~”. 2012年8月26日閲覧。
  5. ^ 金子義仁 『2005〜2006ワールドサッカーすごいヤツ全集』フットワーク出版社〈フットワーク出版株式会社〉、2004年、190頁を参考。
  6. ^ Raúl, sobre su debut en Zaragoza hace 25 años: "Fue el momento que recuerdo con más cariño"”. www.heraldo.es (2019年10月28日). 2020年8月11日閲覧。
  7. ^ a b 記念すべき325ゴール中の初ゴール!レアルのアイコン、ラウールがダービーマッチで決めたクラブ初ゴール!”. web.ultra-soccer (2020年8月18日). 2020年6月11日閲覧。
  8. ^ Historic Goals Raúl”. Real Madrid CF (2018年4月7日). 2020年6月11日閲覧。
  9. ^ スポーツナビ (2010年2月9日). “ラウルとともに失われつつあるクラブへの忠誠”. 2010年9月1日閲覧。
  10. ^ 週刊サッカーマガジン 1995年5月27日 no.527 p.108-113 ベースボールマガジン社
  11. ^ Raul in 95/96: the man who was the catalyst for Real Madrid’s Champions League return”. www.thetotallyfootballshow.com (2020年4月9日). 2020年6月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j Raúl Real Madrid all goals”. www.transfermarket.com. 2020年6月11日閲覧。
  13. ^ FIFA CLUB WORLD CUP の歴史”. NTV. 2020年6月6日閲覧。
  14. ^ Raúl estrena estadio en el sur (スペイン語) エル・パイス 2003.11.25付記事
  15. ^ a b Number Web (2007年10月23日). “ラウールの真価。”. 2017年2月6日閲覧。
  16. ^ RealMadrid.com (2008年5月20日). “Raúl wins the Di Stéfano Trophy”. 2009年6月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月22日閲覧。
  17. ^ AFP BB News (2009年2月16日). “レアル・マドリード ラウールがクラブ記録を更新しヒホンに勝”. 2009年7月14日閲覧。
  18. ^ Real Madrid C.F. (2009年2月28日). “ラウールがディ・ステファノのリーガ得点記録に並ぶ”. 2009年3月1日閲覧。
  19. ^ FIFA.com (2010年7月28日). “Raul signs for Schalke”. 2015年4月2日閲覧。
  20. ^ a b Raul Schalke all goals”. www.transfermarket.com. 2020年8月19日閲覧。
  21. ^ Schalke 4-0 Werder Bremen: Hat-Trick Hero Raul Heaps More Misery On Visitors”. www.goal.com (2011年11月20日). 2020年8月19日閲覧。
  22. ^ www.20minutos.es (2010年12月17日). “Hat-trick de Raúl con el Schalke”. 2020年8月19日閲覧。
  23. ^ CLでラウルがヨーロッパ記録更新 Livedoorスポーツ 2011年2月16日
  24. ^ Raúl marca un ‘hat trick’ en la goleada del Schalke al Bremen (5-0)”. www.alertadigital.com (2011年12月18日). 2020年8月19日閲覧。
  25. ^ スポーツナビ (2012年3月14日). “シャルケのラウル、400ゴールの記念ボールとユニホームを独サッカー博物館に寄付”. 2012年4月19日閲覧。
  26. ^ goal.com (2012年4月3日). “「ラウールはまだ契約延長を決めていない」”. 2012年9月16日閲覧。
  27. ^ スポーツナビ (2012年4月20日). “シャルケ退団のラウール「家族との時間を大事にしたい」”. 2012年9月16日閲覧。
  28. ^ schalke04.de (2012年4月19日). “Raul verlässt den FC Schalke 04 am Saisonende”. 2012年4月19日閲覧。
  29. ^ sofoot.com (2012年4月19日). “Schalke : le numéro 7 au Panthéon”. 2012年5月9日閲覧。
  30. ^ ラウール、新天地はカタール-Goal.com日本語版2012年5月13日
  31. ^ goal.com (2012年8月5日). “Real Madrid legend Raul scores on Al Sadd debut”. 2012年8月26日閲覧。
  32. ^ ゲキサカ (2014年8月3日). “ラウルが現役引退へ…レアルのスタッフ就任でライセンス取得を目指す”. 2014年10月31日閲覧。
  33. ^ Goal (2014年10月31日). “ラウール、アメリカ行きが決定 コスモスと契約”. 2014年10月31日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n Raul National team”. 2020年4月26日閲覧。
  35. ^ Qoly (2015年12月30日). “ラウール、レアル新会長への待望論に…”. 2017年3月24日閲覧。
  36. ^ フットボールチャンネル (2017年6月20日). “レアルの“レジェンド”ラウール氏が7年ぶりに古巣復帰!気になる役職は…”. 2018年4月2日閲覧。
  37. ^ Qoly (2018年3月21日). “ラウール、ついにマドリーのユースで監督に!MARCAも一面で伝える”. 2018年4月2日閲覧。
  38. ^ realmadridsport.com (2018年9月2日). “Raul Cadet B wins Barça his first title of the season”. 2018年9月9日閲覧。
  39. ^ calciomercato.it (2012年2月21日). “Campioni ai raggi X: Raul, l'immortale”. 2015年3月6日閲覧。
  40. ^ フィル・ボール『レアル・マドリー ディ・ステファノからベッカムまで』野間けい子、ネコパブリッシング、2004年。ISBN 4-7770-5036-X。
  41. ^ wowow.co.jp. “レアル・マドリードの基礎知識”. 2015年3月6日閲覧。
  42. ^ Livedoorスポーツ (2014年10月1日). “Remembering Raúl, still the Champions League's greatest goalscorer”. 2015年3月6日閲覧。
  43. ^ RealMadrid.com. “Raúl González Blanco”. 2015年3月6日閲覧。
  44. ^ Livedoorスポーツ (2011年4月26日). “【杉山茂樹コラム】バロンドールに見放された“ミスターチャンピオンズリーグ””. 2012年5月9日閲覧。
  45. ^ mundodeportivo.com (2010年7月26日). “Hierro: "Raúl es un Ferrari de la selección y del Real Madrid"”. 2015年3月6日閲覧。
  46. ^ Livedoorスポーツ (2008年2月14日). “レアル戦を前にトッティ「ラウルはレアルのトッティ」”. 2013年8月25日閲覧。
  47. ^ Livedoorスポーツ (2007年11月3日). “ラウルがゴールパフォーマンスを変えた理由とは?”. 2012年9月16日閲覧。
  48. ^ Number Web (2015年3月18日). “現バルサにも劣らない最強3トップ。レジェンドたちの「伝説のクラシコ」。”. 2018年5月4日閲覧。
  49. ^ Das Vorzeigespielerpaar um Raúl González Blanco
  50. ^ シャルケ・内田、ラウル弾“アシスト”!
  51. ^ ラウールに助けられた内田「後ろの選手からすれば、すごく楽」
  52. ^ Livedoorスポーツ (2004年9月15日). “ポルティージョの父親、「息子の放出はラウールのせい」”. 2009年2月2日閲覧。
  53. ^ Cicinho diz que 'Raul' Madrid persegue estrangeiros
  54. ^ RealMadrid.com. “ラウル1992 - 2010”. 2012年10月6日閲覧。
  55. ^ RealMadrid.com (2013年8月23日). “ラウールが試合後ウイニングラン”. 2013年8月25日閲覧。
  56. ^ wowow.co.jp (2014年4月17日). “シャビ・アロンソ、ベイルの決勝弾に驚嘆「あんなゴールはかつて見たことがない」”. 2014年6月14日閲覧。
  57. ^ sanspo.com (2017年7月21日). “モリエンテス氏、ワッキーの一発ギャグに衝撃「すごく面白かった」”. 2018年5月4日閲覧。