ラウル・ヒメネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヒメネス第二姓(母方の)はロドリゲスです。
ラウル・ヒメネス Football pictogram.svg
Raul Jiménez.png
メキシコ代表でのヒメネス
名前
本名 ラウル・アロンソ・ヒメネス・ロドリゲス
Raúl Alonso Jiménez Rodríguez
ラテン文字 Raúl Jiménez
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1991-05-05) 1991年5月5日(29歳)
出身地 テペジ
身長 188cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC
ポジション FW
背番号 9
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2014 メキシコの旗 クラブ・アメリカ 96 (36)
2014-2015 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 21 (1)
2015-2019 ポルトガルの旗 ベンフィカ 80 (18)
2018-2019 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン (loan) 38 (13)
2019- イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン 48 (21)
代表歴2
2012  メキシコ U-23 13 (1)
2013- メキシコの旗 メキシコ 82 (24)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年11月29日(UTC)現在。
2. 2019年11月19日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラウル・アロンソ・ヒメネス・ロドリゲス(Raúl Alonso Jiménez Rodríguez,1991年5月5日 - )は、メキシコイダルゴ州出身のサッカー選手。ポジションはFWウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC所属。ラウール・ヒメーネスとも表記される。

経歴[編集]

クラブ・アメリカ[編集]

クラブ・アメリカのユースでキャリアをスタートさせ、2011年10月9日、モナルカス・モレリア戦でプロデビューを果たした。10月30日、プエブラ戦では、試合開始2分目に初ゴールを決めた。 デビューシーズンでは6試合に出場し、1ゴールを記録した。クラウスーラに初出場したのは、大会7週目の2月11日のアトラス戦だった。

アトレティコ・マドリード[編集]

アトレティコ・マドリードでのヒメネス(2015年)

2014年8月13日、アトレティコ・マドリードはジメネスを1100万ユーロの移籍金でクラブ・アメリカと合意に達した。 翌日、6年契約にサインした。

8月16日、プレシーズントーナメントのラモン・デ・カランサ杯決勝のサンプドリア戦でデビューを果たし、先発で79分まで出場した。8月19日、スーペルコパ・デ・エスパーニャの1stレグのレアル・マドリード戦では2試合ともに出場した。2014年8月25日、ラージョ・バジェカーノ戦でリーガデビューを果たした。9月27日のセビージャ戦では、アトレティコでの初ゴールを決めた。また、そのシーズンのアトレティコでの唯一のゴールであった。

ベンフィカ[編集]

2015年8月9日、プレミアリーグウェストハムへのローン契約を完了させる予定だったヒメネスは、寝坊してロンドン行きのフライトを欠席し、メディカルチェックに現れなかった。2015年8月13日、ベンフィカに加入し、5年契約を結んだ。ベンフィカは移籍に関して9836万ユーロを費やした。2016年7月21日、ベンフィカがヒメネスの経済的権利の残り50%を1200万ユーロで購入したことが発表されあ。これにより移籍総額は約2200万ユーロとなり、当時ポルトガルサッカー史上最も高額選手で、最も高価なメキシコ人選手となった。

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ[編集]

2018年6月13日、新たに昇格したウルヴァーハンプトン・ワンダラーズにレンタル移籍した[1]。2018-2019シーズン、4月4日、ウルヴァーハンプトンに完全移籍した[2][3]。28試合で13ゴールを挙げ、クラブのプレミアリーグ残留に貢献し、クラブの年間最優勝選手賞を受賞した[4]

2019年4月4日、ウルブズが3800万ユーロのオプションを行使して4年契約で契約し、7月1日に完全移籍したことが発表された。この契約は、アダマ・トラオレの1800万ポンドの移籍金を上回り、クラブ記録となる3000万ポンドでのものだった 。

2019-20シーズン、11月は3ゴールを決めるなど、プレミアリーグ11月の最優秀選手に選ばれた[5]。6月20日のウェストハム戦でゴールを決め、シーズン14ゴールとし、これまでチチャリートが保持していた、プレミアリーグにおけるメキシコ人選手としての最多ゴール数記録を更新した[6]。リーグ戦では38試合17ゴール(年間トータル53試合26ゴール10アシスト)の活躍を見せた。

2020年10月、ウルブズとの4年契約延長にサインした。

11月29日、エミレーツ・スタジアムで行われたプレミアリーグアーセナル戦の開始5分後、ヒメネスはダヴィド・ルイスと頭をぶつけて意識を失った。前半の残りの時間はルイスは軽傷でプレーを続けたが、ヒメネスは担架で運ばれ、すぐに重度の外傷のために病院に運ばれ、最終的には意識があると判断された。 翌朝、ルイスとの衝突で頭蓋骨を骨折したことが確認され、入院後すぐに手術が必要となった。

メキシコ代表歴[編集]

U-23メキシコ代表時代では、ロンドン五輪の金メダル獲得に貢献した。

2013年1月30日、デンマーク代表戦でA代表デビュー[7]。2013年7月11日の2013 CONCACAFゴールドカップカナダ戦でメキシコ代表初得点を挙げた。

2014 FIFAワールドカップではブラジル戦でドス・サントスとの交代でワールドカップ初出場を果たした。

2018 FIFAワールドカップではグループリーグのドイツ戦とブラジル戦に出場した。

2019 CONCACAFゴールドカップでは5ゴールを決め、大会最優秀選手に選出された。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

クラブ・アメリカ
アトレティコ・マドリード
SLベンフィカ

代表[編集]

メキシコ代表

個人 [編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昇格組ウルブスがベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス獲得!”. 超ワールドサッカー (2018年6月13日). 2019年6月14日閲覧。
  2. ^ Jiménez becomes permanent Wolves player” (英語). www.wolves.co.uk (2019年4月4日). 2019年6月14日閲覧。
  3. ^ ウルブズ、ラウール・ヒメネスを完全移籍で獲得! 移籍金はクラブ記録に”. 超ワールドサッカー (2019年4月4日). 2019年6月14日閲覧。
  4. ^ Special year celebrated at End of Season Awards”. Wolverhampton Wanderers. 2019年5月14日閲覧。
  5. ^ Jimenez wins PFA Bristol Street Motors Player of the Month”. www.wolves.co.uk (2019年12月2日). 2020年7月31日閲覧。
  6. ^ ウルブスのFWヒメネスがチチャリート超えのメキシコ人最多得点記録を更新”. news.yahoo.co.jp. 26 June 2020閲覧。
  7. ^ Mexico and Denmark play to 1-1 draw in exhibition match