ラウル・モンデシー (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラウル・モンデシー
Raúl Mondesí
カンザスシティ・ロイヤルズ #27
Raúl Adalberto Mondesí on November 2, 2015.jpg
2015年11月2日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
二重国籍
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 (1995-07-27) 1995年7月27日(23歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2011年 アマチュア・フリーエージェントとしてカンザスシティ・ロイヤルズと契約
初出場 2015年10月30日 ニューヨーク・メッツ戦(ワールドシリーズ第3戦)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ラウル・アダルベルト・モンデシーRaúl Adalberto Mondesí, 1995年7月27日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身(ドミニカ共和国育ち[2])のプロ野球選手内野手)。右投両打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズに所属。

元メジャーリーガーのラウル・モンデシーを父に持ち[3]、実兄のラウル・モンデシー・ジュニアも元プロ野球選手[4]

経歴[編集]

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2011年7月27日、16歳の誕生日を迎えたこの日にカンザスシティ・ロイヤルズと契約してプロ入り[5]

2012年に傘下のパイオニアリーグのルーキー級アイダホフォールズ・チュカーズ英語版でプロデビューし、50試合に出場して打率.290・3本塁打・30打点・11盗塁の成績を残した。

2013年はA級レキシントン・レジェンズでプレーし、125試合に出場して打率.261・7本塁打・47打点・24盗塁の成績を残した。

2014年はA+級ウィルミントン・ブルーロックスでプレーし、110試合に出場して打率.211・8本塁打・33打点・17盗塁の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ピオリア・ハベリーナズ英語版に所属した。

2015年はAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズでプレーし、81試合に出場して打率.243・6本塁打・33打点・19盗塁の成績を残した。7月にはオールスター・フューチャーズゲームにも選出された[6]

ロイヤルズ時代[編集]

2015年10月、ロイヤルズがワールドシリーズ(対ニューヨーク・メッツ)に進出するとモンデシーもロースター入りした[7]。そして第3戦の5回表に投手のダニー・ダフィーの代打として史上初のワールドシリーズでのメジャーデビューを果たした(結果はノア・シンダーガードの前に空振り三振)[8][9]

2016年は開幕からAA級ノースウエストアーカンソーでプレーしていたが、5月10日に薬物検査で筋肉増強剤のクレンブテロールが検出され、50試合の出場停止処分を受けた。当初は通常の80試合の出場停止処分が適用されるところだったが、風邪薬に含まれていたものだったとして50試合に軽減された[10]。処分が明けるとマイナーでの出場を経て、7月26日ロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャー公式戦初出場を果たした。復帰後は一定の出場機会を与えられ、最終的には47試合に出場。打率.185・2本塁打・13打点だったが、ホームランよりも多い3三塁打を記録、成功率9割で9盗塁を決めた。

2017年は開幕をメジャーで迎えたが、不振で1ヶ月と持たずマイナーに降格。9月に再昇格したが、25試合の出場に留まった。

2018年は開幕をマイナーで迎えるも、6月にメジャーに昇格するとその後はメジャーに定着。自己最高の75試合に出場し、課題の打撃では打率.276、OPS.804を記録して成長を印象付けた。また、少ない出場機会ながらリーグ4位の32盗塁を記録し、遊撃守備ではUZR3.4を記録するなど持ち味の守備走塁でも高いポテンシャルを見せた。

プレースタイル[編集]

俊足かつ強肩で、守備もハイセンスな打球判断を備える。打撃は忍耐強さなど課題が多い[11][12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 KC 47 149 135 16 25 1 3 2 38 13 9 1 6 0 6 0 2 48 1 .185 .231 .281 .512
2017 25 60 53 4 9 1 0 1 13 3 5 2 4 0 3 0 0 22 2 .170 .214 .245 .460
2018 75 291 275 47 76 13 3 14 137 37 32 7 3 1 11 0 1 77 2 .276 .306 .498 .804
MLB:3年 147 500 463 67 110 15 6 17 188 53 46 10 13 1 20 0 3 147 5 .238 .273 .406 .679
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁(2B) 遊撃(SS)
























2016 KC 42 75 96 3 23 .983 7 3 5 1 1 .889
2017 14 24 30 0 12 1.000 9 7 9 1 1 .941
2018 12 19 30 0 8 1.000 61 100 169 7 36 .975
通算 68 118 156 3 43 .989 77 110 183 9 38 .970
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 27 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 公式戦では2016年7月26日のロサンゼルス・エンゼルス戦であり、情報源によってはメジャーデビュー日を2016年7月26日にしている場合がある。
  2. ^ http://www.milb.com/news/article.jsp?ymd=20151027&content_id=155689728&fext=.jsp&vkey=news_t495&sid=t495
  3. ^ Royals sign Raul Mondesi’s 16-year-old son for $2 million”. Hardballtalk.nbcsports.com (2011年7月27日). 2016年9月26日閲覧。
  4. ^ Raul Mondesi Minor Leagues Statistics & History” (英語). Baseball Reference.com. 2018年2月27日閲覧。
  5. ^ Royals sign prospect Adalberto Mondesi”. Espn.go.com (2011年7月28日). 2016年9月26日閲覧。
  6. ^ http://www.kansascity.com/sports/mlb/kansas-city-royals/article27095278.html
  7. ^ Royals' World Series roster: Gore out, Mondesi in”. FOX Sports (2015年10月25日). 2016年9月26日閲覧。
  8. ^ Royals' Raul A. Mondesi, 20, makes World Series history with debut”. ESPN (2015年10月31日). 2016年9月26日閲覧。
  9. ^ 史上初!モンデシー・ジュニアがWシリーズでのメジャーデビュー”. スポーツニッポン (2015年10月31日). 2016年9月26日閲覧。
  10. ^ Nightengale, Bob (2016年5月10日). “Bob Nightengale on Twitter”. Twitter. 2016年9月26日閲覧。 “Raul Mondesi Jr of Royals tests positive for Clenbuterol; suspended 50 games. Reduced from 80G when proved substance was in cold medicine”
  11. ^ 「2015 - 2019 全30球団未来予想図 カンザスシティ・ロイヤルズ」『月刊スラッガー』2015年3・4月合併号 日本スポーツ企画出版社 30頁
  12. ^ 「2016プロスペクト・ランキングトップ100」『月刊スラッガー』2016年5・6月合併号 日本スポーツ企画出版社 70頁

関連項目[編集]