ラウール・レヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Raoul Lévy
ラウール・レヴィ
本名 ラウール・J・レヴィ
別名義 R. J. Lévy
R. Lévy
Raoul J. Lévy
生年月日 (1922-04-14) 1922年4月14日
没年月日 (1966-12-31) 1966年12月31日(44歳没)
出生地 ベルギーの旗 ベルギー アントウェルペン
死没地 フランスの旗 フランス サントロペ
民族 ユダヤ人
職業 映画プロデューサー脚本家映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1945年 - 1967年
活動内容 1945年 RKOで製作助手
1950年 イエナ・プロデュクション設立
1951年 映画プロデューサーデビュー
1956年素直な悪女』ヒット
1965年 イエナ・プロデュクション倒産
1965年 監督としてデビュー
主な作品
素直な悪女
『野性の誘惑』
彼女について私が知っている二、三の事柄

ラウール・J・レヴィRaoul J. Lévy1922年4月14日 アントウェルペン - 1966年12月31日 サントロペ)は、フランス映画プロデューサー脚本家映画監督である。

来歴・人物[編集]

1922年(大正13年)4月14日ベルギーアントウェルペンに生まれる。

1945年(昭和20年)、アメリカに渡り、RKOで製作助手を経験、メキシコでの撮影に参加。ヨーロッパに戻ってからは、アンソニー・マン監督やアラン・ドワン監督らのBムーヴィーを得意とするプロデューサーエドワード・スモールの欧州代理人をしていた。

1950年(昭和25年)、「イエナ・プロデュクション」社を設立、映画製作を開始した。

1955年(昭和30年)、第8回カンヌ国際映画祭ロジェ・ヴァディム監督とその妻で女優ブリジット・バルドーと出会い、『素直な悪女』の製作を決意。みずからの手でヴァディムのあたためていた脚本を書き換えて、当時の最新技術であるカラー映画シネマスコープで翌1956年公開、アメリカナイズされたこの映画は大ヒットを記録する。当時まだ34歳であった若手プロデューサーの登場と成功が、ヌーヴェルヴァーグの作家が製作者サイドに注目されるための経済的根拠となった。

1962年(昭和37年)、クリスチャン=ジャック監督、アラン・ドロン主演で着手した70ミリ超大作『Marco Polo』は、その後、『荒野の七人』のホルスト・ブッフホルツに主役を交代、監督もドニス・ド・ラ・パテリエールに交代して、さらに共同監督としてニコラス・レイの超大作『北京の55日』(義和団の乱1963年)のスペインロケを仕切ったB班監督ノエル・ハワードを招き、またレヴィみずからも一部演出に乗り出すという混乱を経て、『La fabuleuse aventure de Marco Polo (L'echequier de Dieu)』(邦題『マルコ・ポーロ 大冒険』)として1965年(昭和40年)8月6日、ようやくフランスを皮切りに公開するも惨敗、「イエナ・プロデュクション」社は破産した。

1965年(昭和40年)8月11日、『マルコ・ポーロ』公開の1週後にあたるこの日、初監督作『二人の殺し屋』を公開した。主演エディ・コンスタンティーヌ、撮影監督はラウール・クタールを初の起用。レヴィのプロデュース作品の撮影は、『素直な悪女』から『マルコ・ポーロ』まで、監督が変わっても例外なくアルマン・ティラールが支えて来たのだが『マルコ・ポーロ』をもって決別、「イエナ」社破産以降の本作を含む遺作に至る3作品では、いずれもクタールと組むこととなった。

1966年(昭和41年)8月20日、監督第二作『ザ・スパイ』が西ドイツ先行で公開。フランスは11月。主演に引っ張り出したモンゴメリー・クリフトは4年振りの映画出演であったが、クリフトにとって本作が遺作となった。音楽にはセルジュ・ゲンスブールを起用、ジャン=リュック・ゴダールが俳優としてノンクレジットで出演している。

同年12月31日フランスサントロペのホテルで拳銃自殺、死去した。満44歳没。

没後の1967年(昭和42年)3月17日、『野性の誘惑』のマリナ・ヴラディを主演に起用したレヴィ最後のプロデュース作、ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』がパリで公開された。本作には大きな役でレヴィは出演しており、彼の最後の姿を観ることができる。ゴダールがのちに発表した『ゴダールのマリア』(1984年)の原題(Je vous salue, Marie)は、レヴィの『二人の殺し屋』(Je vous salue, mafia !)のもじりである。またアラン・ドロンはみずから製作・主演の映画『ボルサリーノ』(1969年)をレヴィに捧げた。

フィルモグラフィー[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

製作[編集]

出演[編集]

脚注[編集]