ラオジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ラオジャン(Laoǰang, モンゴル語: Жэнь Нань ван Луужан, 中国語: 老章, ? - 1310年)は、モンゴル帝国の皇族で、第5代皇帝クビライ・カーンの息子鎮南王トガンの長子。『元史』などの漢文史料では鎮南王老章、『集史』などのペルシア語史料ではلاوجانگ (Lāujāng) と記される。

概要[編集]

クビライ・カーンの息子鎮南王トガンの長子として生まれており、同時代にイルハン朝で編纂された『集史』ではトガンの諸子の中で唯一名前(لاوجانگ Lāujāng)を記録されていることから、オルジェイトゥ・カーン(成宗テムル)が即位した頃には成人していたと見られる。

オルジェイトゥ・カーンの治世の半ば、大徳5年(1301年)に父鎮南王トガンが亡くなると、ラオジャンは鎮南王位を承襲した[1]。オルジェイトゥ・カーン治世中のラオジャンの行動は不明であるが、新たにクルク・カーン(武宗カイシャン)が即位すると金500両・銀5000両・鈔2000錠・幣帛800匹を下賜されている[2]

しかし至大3年(1310年)には尚書省がラオジャンが臣下の分を越えて皇帝の上儀を盗み取っており、官を遣わして詰問させるべきであるとの報告を行い、クルク・カーンはこれに従った[3]。翌月ラオジャンの下に至った官が追及したところ、果たして証拠があったため、ラオジャンは召喚されてカーンの下に赴いた[4]

これ以後ラオジャンに関する記述はなくなるため、屠寄は召し出されたラオジャンに対しクルク・カーンが死を賜ったのではないかと推測している[5]。ラオジャンの死後には弟のトク・ブカが鎮南王位を承襲したが、ラオジャンの死亡時期、トク・ブカの王位承襲時期に関する記述も残されていない。

家系[編集]

『元史』巻107宗室世系表では脱不花(トク・ブカ)、コンチェク・ブカ(寛徹普化)、テムル・ブカ(帖木児不花)の3兄弟を鎮南王トガン(脱歓)の息子ラオジャン(老章)の子供としているが、巻117寛徹普化・帖木児不花伝ではトガンの息子であると明記されており、矛盾がある。しかし宗室世系表は同名人物の取り違えなど誤りの多い表であり、中華民国期に編纂された『新元史』や『蒙兀児史記』など多くの史書は列伝の記述を優先し、これら3兄弟をトガンの息子と記述している。

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』巻108, 「[脱歓]大徳五年薨。老章、大徳五年襲封」
  2. ^ 『元史』巻22, 「[至大元年3月庚申朔]賜鎮南王老章金五百両・銀五千両・鈔二千錠・幣帛八百匹,也先不花・牙児昔金各二百五十両・銀七百五十両・鈔二千錠」
  3. ^ 『元史』巻23, 「[至大3年11月戊子]尚書省臣言『昔世祖命皇子脱歓為鎮南王居揚州、今其子老章、出入導衛、僭竊上儀。勅遣官詰問、仍以所僭儀物来上』。従之」
  4. ^ 『元史』巻23, 「[至大3年12月己未]鎮南王老章僭擬儀衛、究問有験、召老章赴闕」
  5. ^ 『蒙兀児史記』巻76列伝58

参考文献[編集]

  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 野口周一「元代後半期の王号授与について」『史学』56号、1986年
  • 元史』巻117列伝4
  • 新元史』巻114列伝11
  • 蒙兀児史記』巻76列伝58