ラオス国営航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラオス国営航空
IATA
QV
ICAO
LAO
コールサイン
LAO
設立 1976年
ハブ空港 ワットタイ国際空港
焦点空港 ルアンパバーン国際空港
保有機材数 11機
就航地 22都市
本拠地 ラオスの旗 ラオス ヴィエンチャン
代表者 Dr Somphone Douangdara (President)
外部リンク https://www.laoairlines.com
テンプレートを表示

ラオス国営航空(ラオスこくえいこうくう、英語: Lao Airlinesラオ語:ການບິນລາວ)は、ラオスの国営航空会社である。

概要[編集]

1976年にラオス人民民主共和国が建国された際に、「ロイヤル・エア・ラオ(Royal Air Lao)」と「ラオ・エアラインズ(Lao Air Lines)」が合併し、「人民航空会社(Civil Aviation Company)」として創業。その後1979年に「Lao Aviation」と改称。2004年3月に、「Lao Airlines」と旧称を再採用。ラオスのフラッグ・キャリアである。

ハブは、ヴィエンチャンワットタイ国際空港2014年2月現在、国内線8都市、国際線10都市(コードシェア便を除く)に就航。国際線としては、タイカンボジアベトナム中国韓国に就航している。

将来的には日本[1]マレーシアフィリピンインドネシアインドにも就航する予定である[2]

就航都市[編集]

ラオスの旗 ラオス

タイ王国の旗 タイ

カンボジアの旗 カンボジア

 ベトナム

中華人民共和国の旗 中国

大韓民国の旗 韓国

2019年11月末、日本の熊本空港に就航させる計画もある[3]

保有機材[編集]

ラオス航空のエアバスA320

2019年7月現在[4][5][6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]