ラオディケ6世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ラオディケ6世 (ラオディケ6せい、Laodice VI、ギリシア語: Λαοδίκη ΣΤ΄、紀元前115年から113年に死去)は、セレウコス朝の王女で、ポントス王国の王妃。

生涯[編集]

ラオディケ6世は、アンティオコス4世エピファネスラオディケ4世の兄弟姉妹婚で産まれた娘だった。

紀元前152年より後に、ラオディケ6世は紀元前150年から120年にポントス王として君臨したミトリダテス5世と結婚した[1]。ラオディケ6世は、ミトリダテス5世との間にミトリダテス6世ラオディケを含む7人の子供を産んだ。

ミトリダテス5世は、紀元前120年にスィノプで宴会中に毒殺された[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Walbank, Cambridge ancient history: The hellenistic world, Volume 7 p.491
  2. ^ Mayor, The Poison King: the life and legend of Mithradates, Rome’s deadliest enemy p.68

出典[編集]

  • Walbank, W. The Cambridge ancient history: The Hellenistic world, Volume 7 F. Cambridge University Press, 1984
  • Mayor, A. The Poison King: the life and legend of Mithradates, Rome’s deadliest enemy, Princeton University Press, 2009