ラクチョウのお時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラクチョウのお時 (らくちょうのおとき、1928年昭和3年) - ?)は、戦後日本の東京・有楽町にいた街娼パンパン)の通称。マスメディアへの露出と、その後の更生によって広く知られるに至った人物。名の表記は「ラクチョウのおトキ[1]」「ラク町お時」とも。本名は西田 時子とされる[2][3]

経歴[編集]

東京の女子商業学校の生徒のとき、空襲で肉親をなくす。戦後、空襲による破壊のため廃墟になっていたラクチョウ(有楽町の通称)の日劇地下で寝泊まりし、界隈のパンパンを仕切っていた女親分・通称「夜嵐あけみ」の妹分となり、自身も有楽町駅付近のガード下に立つパンパンとなる[2]

1947年4月22日[1]、NHKのラジオ番組『街頭録音』で、アナウンサーの藤倉修一によるお時のインタビュー「ガード下の娘たち」が放送された[2]。この頃のお時は、パンパンをまとめる遣り手に転じていた[1]。放送において、お時の容姿は、「背が高く、水兵風の濃紺のズボンと薄紫のセーターを着て、髪は黄色のバンドで束ね、顔は美しく端正で、肌は透き通るように白く、唇は真っ赤に塗っている[4]」と描写された。

お時はインタビューで次のように述べ、聴取者に反響を呼んだという。

「そりゃ、パン助は悪いわ、だけど戦災で身寄りもなく職もない私たちはどうして生きていけばいいの、好きでこんな商売をしている人なんて何人もいないの、それなのに苦労して堅気になって職を見つけたって、世間の人はあいつはパン助だって指さすじゃないの。私は今までに何人も、ここの娘を堅気にして送り出してやったわよ。それがみんな(涙声)いじめられ追い立てられて、またこのガード下に戻ってくるじゃないの。世間なんていいかげん、私たちを馬鹿にしてるわ」[4]

またお時は、放送の中でパンパンの間で流行していた歌謡曲「星の流れに」の一節を口ずさんだ。このことは同曲のヒットのきっかけのひとつになったとされる[5]。同番組は大掛かりな隠し録りで録音が行われたため、インタビューを受けていたお時は自分の声が放送されると知らず、ラジオから流れる自分の声を聞いて驚いたと伝えられている[6]

その後は遣り手をやめ、『街頭録音』の後身番組『社会探訪』1948年1月14日放送分において、千葉県市川市で下駄の鼻緒を製造する工場に就職したことが伝えられるなど、断続的に放送や新聞上でお時の消息が伝えられたものの、『20世紀日本人名事典』においては「焼鳥屋、結婚、離婚、クラブのママ、と変転が伝えられたが、消息不明に[2]」と結ばれており、後半生は明らかになっていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 松谷みよ子『現代民話考 8 ラジオ・テレビ局の笑いと怪談』ちくま文庫、2003年 p.246
  2. ^ a b c d ラクチョウのお時 コトバンク - 典拠は 日本人名大辞典+Plus,講談社,2015. および 20世紀日本人名事典,日外アソシエーツ,2004.
  3. ^ 松沢呉一『風俗見聞録』ポット出版、2003年、10頁。
  4. ^ a b 岡野幸江・長谷川啓渡辺澄子『買売春と日本文学』東京堂出版、2002年、247頁
  5. ^ 長田暁二 『歌でつづる20世紀 あの歌が流れていた頃』ヤマハミュージックメディア、2006年 p.133
  6. ^ 松谷(2003) pp.294-296

参考文献[編集]

関連項目[編集]