ラクツロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラクツロース
Lactulose structure.svg
Lactulose ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 ラグノス, Constulose
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682338
胎児危険度分類
  • US: B
法的規制
投与方法 Oral
薬物動態データ
生物学的利用能 Poorly absorbed
代謝 100% in colon by enteric bacteria
半減期 1.7-2 hours
排泄 Fecal
識別
CAS番号
4618-18-2 チェック
ATCコード A06AD11 (WHO)
PubChem CID: 11333
DrugBank DB00581 チェック
ChemSpider 10856 チェック
UNII 9U7D5QH5AE チェック
KEGG D00352  チェック
ChEBI CHEBI:6359 チェック
ChEMBL CHEMBL296306 チェック
化学的データ
化学式 C12H22O11
分子量 342.296 g/mol
Lactulose4987086671200

ラクツロース(Lactulose)は、慢性便秘[1]肝性脳症肝臓病等の治療に用いられる非消化性の合成である。ガラクトースフルクトースβ-1,4-グリコシド結合した二糖である。ラクツロースは、生の牛乳中には含まれないが、加熱で生じる[2]。加熱すればするほど多く生じ、低温殺菌牛乳では3.5 mg/l、容器内殺菌牛乳では744 mg/lになる[3]。商業的には、ラクトース異性化により生産される。

浸透圧性瀉下薬に分類され、基礎的な医療制度に必要な薬品を集めたWHO必須医薬品モデル・リストにも掲載されている[4]

日本での製品名は「ラグノス」(三和化学研究所)、「モニラック」(中外製薬)など。

適応症[編集]

  • 慢性便秘症
  • 高アンモニア血症に伴う右記症候の改善: 精神神経障害、手指振戦、脳波異常
  • 産婦人科術後の排ガス・排便の促進

出典[編集]

  1. ^ Voskuijl W, de Lorijn F, Verwijs W, Hogeman P, Heijmans J, Mäkel W, Taminiau J, Benninga M (2004年11月). “PEG 3350 (Transipeg) versus lactulose in the treatment of childhood functional constipation: a double blind, randomised, controlled, multicentre trial”. Gut 53 (11): 1590–4. doi:10.1136/gut.2004.043620. PMC 1774276. PMID 15479678. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1774276/. 
  2. ^ M. Luzzana, D. Agnellini, P. Cremonesi, G. Caramenti, S. De Vita (September–October 2003). “Milk lactose and lactulose determination by the differential pH technique”. Le Lait 83 (5): 409–16. doi:10.1051/lait:2003022. http://lait.dairy-journal.org/articles/lait/pdf/2003/05/L3503.pdf. 
  3. ^ E. Marconi, M. C. Messia, A. Amine, D. Moscone, F. Vernazza, F. Stocchi, G. Palleschi (2004年). “Heat-treated milk differentiation by a sensitive lactulose assay”. Food Chemistry 84: 447–50. doi:10.1016/S0308-8146(03)00268-1. オリジナルの2013年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130616102238/http://www.parmalat.it/documents/10157/29233/upload_00001438_Heat-treated%20milk%20differentiation%20by%20a%20sensitive.pdf. 
  4. ^ WHO Model List of Essential Medicines”. World Health Organization (2013年10月). 2014年4月22日閲覧。

関連事項[編集]