ラクトバシラス・サリバリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラクトバシラス・サリバリウス
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: フィルミクテス門 Firmicutes
: バシラス綱 Bacilli
: ラクトバシラス目 Lactobacillales
: ラクトバシラス科 Lactobacillaceae
: ラクトバシラス属 Lactobacillus
: ラクトバシラス・サリバリウス
Lactobacillus salivarius
学名
Lactobacillus salivarius
Rogosa et al. 1953

ラクトバシラス・サリバリウス(Lactobacillus salivarius)は、 消化器管に生息し、病原菌の抑制を含むさまざまな治療特性を発揮することがわかっているプロバイオティクス細菌である[1]

治療研究[編集]

過敏性腸症候群[編集]

ラクトバシラス・サリバリウスは、過敏性腸症候群に苦しむ患者の鼓腸症状の緩和に有益であることが発見された[2]

膵臓壊死[編集]

膵臓壊死は、治療せずに放置すると、細菌の浸入により致死率がほぼ100パーセントとなる。ラクトバシラス・サリバリウスは、消化器管から移行する病原性細菌に対して広範な抗菌性が及ぶことがわかっており、それによって膵臓壊死の治療上の利点が実証されている。研究では、この種と他のプロバイオティクス種(特に、ビフィドバクテリウム・ビフィダム、ビフィドバクテリウム・インファンティス、ラクトバシラス・アシドフィラス、ラクトバシラス・カゼイ及びラクトコッカス・ラクティス)を加えると、炎症性サイトカインが抑制され、小腸での細菌の異常増殖が抑制されることが示されている[3]

アトピー性皮膚炎[編集]

アトピー性皮膚炎の症状が、一部の子供で好転することが示されている[4]

出典[編集]

  1. ^ Neville, BA.; O'Toole, PW. (May 2010). “Probiotic properties of Lactobacillus salivarius and closely related Lactobacillus species.”. Future Microbiol 5 (5): 759–74. doi:10.2217/fmb.10.35. PMID 20441548. 
  2. ^ Ortiz-Lucas, M.; Tobías, A.; Saz, P.; Sebastián, JJ. (Jan 2013). “Effect of probiotic species on irritable bowel syndrome symptoms: A bring up to date meta-analysis.”. Rev Esp Enferm Dig 105 (1): 19–36. doi:10.4321/s1130-01082013000100005. PMID 23548007. 
  3. ^ Ridwan, BU.; Koning, CJ.; Besselink, MG.; Timmerman, HM.; Brouwer, EC.; Verhoef, J.; Gooszen, HG.; Akkermans, LM. (Jan 2008). “Antimicrobial activity of a multispecies probiotic (Ecologic 641) against pathogens isolated from infected pancreatic necrosis.”. Lett Appl Microbiol 46 (1): 61–7. doi:10.1111/j.1472-765X.2007.02260.x. PMID 17944834. 
  4. ^ Niccoli, AA. (Nov–Dec 2014). “Preliminary Results on Clinical Effects of Probiotic Lactobacillius Salivarius LS01 in Children Affected by Atopic Dermatitis”. Journal of Clinical Gastroenterology 48 (48, supplement 1): S34–6. doi:10.1097/mcg.0000000000000233. PMID 25291124. 

関連項目[編集]