ラグビーカナダ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ラグビーカナダ代表
ユニオン カナダラグビー協会
愛称 メイプルリーフス
エンブレム メープルリーフ
グラウンド BMOフィールド
コーチ キーラン・クロウリー
主将 タイラー・アードロン
最多キャップ アーロン・カーペンター (80)
最多得点選手 ジェームス・プリチャード (607)
最多トライ選手 DTH・ファン・デル・メルヴァ (38)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
 日本 9 – 8 カナダ 
(1932年1月31日)
最大差勝利試合
 カナダ 71 – 3 バルバドス 
(2006年6月24日)
最大差敗戦試合
 イングランド 70 – 0 カナダ 
(2004年11月13日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 9 (1987年初出場)
最高成績 ベスト8(1991)
テンプレートを表示

ラグビーカナダ代表英語: Canada national rugby union team)は、カナダラグビー協会によるナショナルチームである。愛称は「メイプルリーフス」である。

概要[編集]

ワールドカップには北アメリカ (北米)では唯一全大会に出場している。

第1回の1987年大会に招待された16か国の内の1つであり、初戦のトンガ戦でW杯初勝利をあげたがアイルランドとウェールズに敗れた。

1991年大会はフィジーとルーマニアを破り、予選プールを突破してベスト8の成績を残した。

1995年大会1999年大会2003年大会は予選プールで各1勝をあげたが突破はできなかった。

2007年大会では日本と同じプールBに入り、日本とは引き分けた。2011年大会でも日本と同じプールAに入り、引き分けた。

2019年大会の出場権は、2018年11月に世界最終予選でドイツ、香港、ケニアに勝利して獲得した。本大会では初戦からイタリアニュージーランド南アフリカに3連敗し、プール戦での敗退が決定した。最終のナミビア戦は10月13日に釜石鵜住居復興スタジアム行われる予定であったが、令和元年東日本台風(台風19号・ハギビス)の影響により中止となり、引き分け扱いとなった。カナダ代表チームは釜石の町に残り泥除去清掃などのボランティア活動を行った[1]

ワールドカップの成績[編集]

歴代代表選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]