ラグビージョージア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ラグビージョージア代表
ユニオン ジョージアラグビー協会
愛称 レロス
ბორჯღალოსნები (Borjgalosnebi)
エンブレム ボージガーレイ
コーチ ニュージーランドの旗 ミルトン・ヘイグ
主将 マムカ・ゴルゴゼ
最多キャップ メラブ・クビリカシビリ (86)
最多得点選手 メラブ・クビリカシビリ (478)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
 ジンバブエ 3 - 16 グルジア・ソビエト社会主義共和国 グルジア
(12 September 1989)
最大差勝利試合
 ジョージア 98 - 3 チェコ 
(8 April 2007)
最大差敗戦試合
 イングランド 84 - 6 グルジアの旗 グルジア
(12 October 2003)
ラグビーワールドカップ
出場回数 5 (2003年初出場)
最高成績 1次リーグ3位(2勝2敗) 2015
テンプレートを表示

ラグビージョージア代表 (グルジア語: საქართველოს მორაგბეთა ეროვნული ნაკრები) は、ジョージアラグビー協会によるラグビーユニオンのナショナルチーム。愛称は「レロス」である。

概要[編集]

ソビエト連邦下時代の1964年にグルジア協会として発足されたが、当時はまだソ連代表として戦っており、グルジアからソ連代表に選手を送り込むのみであった。

1989年、ヨーロッパラグビー協会(現在のラグビーヨーロッパ)に加盟し、同年9月12日にはジンバブエと初めてテストマッチを戦ったが、ソ連崩壊後も独立国家共同体チームとして戦い、1992年に国際ラグビー評議会(現在のワールドラグビー)に加盟。本格的な活動を開始。ラグビーユニオンを国民的スポーツとして定着させた。

W杯1999年大会予選でプレーオフに進んだが、トンガに敗退。2003年大会で初出場を果たす。しかしプール戦全敗に終わる。2大会連続出場となった2007年大会ではナミビアを相手にワールドカップ初勝利をあげたが、残り3試合で敗れ、プール戦敗退。だが、アイルランド相手に善戦した(10-14)。2011年大会のプール戦でも1勝3敗に終わった。2015年大会もプール戦で敗退したが、初めて2勝をあげ、グループ3位という成績を残した。これにより、2019年大会の出場権を獲得した。

2020年オータム・ネーションズカップに参加予定[1]

ワールドカップの成績[編集]

選手[編集]

現在の代表[編集]

[2] ジョージア代表スコッド

  • ヘッドコーチ: ジョージア (国)の旗 レバン・マイサシヴィリ

※所属、 キャップ数(Cap)は2020年11月6日現在

出典[編集]

  1. ^ アイルランド×ウエールズで開幕。日本も参加を検討したオータム・ネーションズカップ日程発表 . ラグビー共和国(2020年9月11日). 2020年10月31日閲覧。
  2. ^ Georgia name 35-man squad for Autumn Nations Cup . Rugbypass(2020年10月31日). 2020年11月6日閲覧。

関連項目[編集]