ラグビーボール (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグビーボール
欧字表記 Rugby Ball
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年3月10日
死没 1997年10月29日(15歳没・旧表記)
ナイスダンサー
ペルシアンテール
母の父 ルアール
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 下河辺牧場
馬主 小田切有一
調教師 田中良平栗東
競走成績
生涯成績 8戦4勝
獲得賞金 1億3489万4800円
テンプレートを表示

ラグビーボール日本競走馬1986年中央競馬のクラシック戦線で活躍し、その後種牡馬として中山大障害優勝馬ユウフヨウホウなどの父となった。主戦騎手河内洋

戦績[編集]

馬主は珍名を付けることで知られる小田切有一。馬名の由来は「初めてこの馬を見たとき、ラグビーボールのようにあっちに飛んだり、こっちに飛んだりしていたから」というもので[1]、当初予定されていた「ブラックマジック」から変更された[1]

デビューは遅く、3歳(旧表記4歳)になった1986年2月22日の阪神競馬場で行われた新馬戦(ダート1700メートル)で初出走した。ここを単勝2番人気に応えて2馬身半差をつけて快勝すると、続く3月の400万下特別のさわらび賞も勝利。このころから「関西の秘密兵器」と競馬マスコミからも注目を浴びることになった。さわらび賞のあと、東京優駿を目標に定めた陣営は皐月賞を回避し、日程に余裕のあるNHK杯に出走することにした。初の東京競馬場で4番人気に推されたラグビーボールは、2着シンチェストに2馬身差をつけて優勝。3連勝を飾り、一躍ダービーの最有力候補として挙げられるようになった。本番となった東京優駿では、わずか3戦のキャリアながらも注目を集め単勝1番人気に推されたが、1着のダイナガリバーに0秒5差の4着に敗れた。

陣営はラグビーボールを夏の休養前に古馬混合戦の高松宮杯に出走させた。宝塚記念スズカコバンなどの古豪を抑えて単勝1番人気となり、それに応えて優勝し、実力があることを証明して見せた。このころから腱鞘炎による脚部不安が持病となり、調教も思うようにできなくなってしまい、のちの不振に繋がっている。

調教不足も祟ってか、秋シーズンのラグビーボールはあまり良い結果を出すことができなかった。初戦に選んだ京都新聞杯では5着、菊花賞では単勝1番人気に推されたが、2周目の4コーナーで挟まれる不利もあって3着に敗れた。菊花賞から中2週でジャパンカップにも出走し、レースレコードで優勝したジュピターアイランドに2馬身半差の4着に食い込み、勝てないながらも力のあるところを見せたが、このあと脚部不安が再発し、有馬記念へは出走することができなかった。

その後もふたたび出走することを目標に調整を重ねたが、そのたびに脚部不安が再発して出走できない状態が続いた。5歳(旧6歳)までこの状態が続き、翌6歳(旧7歳)に遂に引退を決定、種牡馬として供用されることになった。

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
1986.02.22 阪神 4歳新馬 ダ1700m(稍) 12 2 2 005.20(2人) 01着 01:50.3(37.6) -0.4 河内洋 55kg (ハッピーゲイナー)
0000.03.16 阪神 さわらび賞 400万下 芝2200m(稍) 10 6 6 006.60(5人) 01着 02:20.7(36.4) -0.2 河内洋 55kg (エイシンフェアリー)
0000.05.04 東京 NHK杯 GII 芝2000m(重) 18 4 8 009.20(4人) 01着 02:03.6(37.0) -0.3 河内洋 56kg (シンチェスト)
0000.05.25 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 23 4 9 003.30(1人) 04着 02:29.4(36.6) -0.5 河内洋 57kg ダイナガリバー
0000.06.22 中京 高松宮杯 GII 芝2000m(良) 18 8 17 002.60(1人) 01着 02:01.3(37.2) -0.2 河内洋 54kg ワカオライデン
0000.10.19 京都 京都新聞杯 GII 芝2200m(良) 13 2 2 005.20(4人) 05着 02:14.6(36.0) -0.3 河内洋 57kg タケノコマヨシ
0000.11.09 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 21 5 11 003.80(1人) 03着 03:09.5(36.8) -0.3 河内洋 57kg メジロデュレン
0000.11.23 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 14 7 11 019.30 (10人) 04着 02:25.3(35.7) -0.3 河内洋 55kg ジュピターアイランド

種牡馬[編集]

下河辺牧場の日高支場で種牡馬として供用され、目黒記念ダイヤモンドステークスに勝ったユウセンショウや、札幌記念に勝ったスーパープレイ、カブトヤマ記念に勝ったタフネススター、2001年中山大障害を制したユウフヨウホウなどの活躍馬を出した。小田切有一の所有馬の中にはアッパレアッパレやカゼニフカレテなど、ラグビーボールをブルードメアサイアーとして持つ馬が存在する。また前述のタフネススターが繁殖牝馬として2014年ジャパンダートダービーの勝ち馬カゼノコを送り出したことでJpnI勝ち馬のブルードメアサイアーとなった。

1997年、放牧中に右後脚を骨折したため、安楽死の処置が取られた。14歳。

グレード制重賞優勝馬[編集]

地方重賞優勝馬[編集]

ブルードメアサイアーとしての産駒[編集]

血統表[編集]

ラグビーボール血統ノーザンダンサー系 / Nearco 4×5=9.38%、Teleferique 4×5=9.38%) (血統表の出典)

*ナイスダンサー
Nice Dancer
1969 鹿毛 カナダ
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Nice Princess
1964 栗毛 アメリカ
Le Beau Prince Fontenay
Quillerie
Happy Night Alizier
Happy Grace

*ペルシアンテール
Persian Tale
1973 鹿毛
Le Haar
1954 栗毛
Vieux Manoir Brantome
Vieille Maison
Mince Pie Teleferique
Cannelle
母の母
*ペルシアンプリンセス
Persian Princess
1967 黒鹿毛
Prince Taj Prince Bio
Malindi
Esmerald Sunny Boy
Star of Shiraz F-No.9-c


牝系先祖に名牝Mumtaz Mahalを持つ。本馬はMumtaz Mahalから数えて8代目にあたる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本中央競馬会優駿』2000年5月号、p.167
  2. ^ スーパープレイ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  3. ^ ユウセンショウ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  4. ^ タフネススター”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  5. ^ ユウフヨウホウ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  6. ^ グレートマジック”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  7. ^ ゴーテンジョウ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  8. ^ キムタツアンテール”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  9. ^ マルハチラグビー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  10. ^ キングカーペンター”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  11. ^ アッパレアッパレ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  12. ^ カゼニフカレテ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  13. ^ カゼノコ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。