ラサーン・ラサーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラサーン・ラサーン
ローランド・カークスタジオ・アルバム
リリース
録音 1970年5月11日 ニューヨーク(#1)[2]
5月12日 ニューヨーク ヴィレッジ・ヴァンガード(#3, #4, #5, #6, #7)[2]
5月15日 ニューヨーク ヴィレッジ・ヴァンガード(#2) [2]
ジャンル ジャズ
時間
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース ジョエル・ドーン
専門評論家によるレビュー
ローランド・カーク 年表
ヴォランティアード・スレイヴリー
(1969年)
ラサーン・ラサーン
(1970年)
ナチュラル・ブラック・インヴェンションズ:ルート・ストラタ
(1971年)
テンプレートを表示

ラサーン・ラサーン』(Rahsaan Rahsaan)は、アメリカ合衆国ジャズ・ミュージシャン、ローランド・カーク1970年アトランティック・レコードから発表したアルバム

背景[編集]

「ザ・シーカー」のみスタジオ録音で、その他の曲は1970年5月12日と15日のヴィレッジ・ヴァンガード公演におけるライブ録音である[2]。カークは本作より「ラサーン・ローランド・カーク (Rahsaan Roland Kirk)」という名義を使用するようになり[3]、カーク自身は本作のライナーノーツにおいて「昨年の誕生日の前日、私は夢の中で多くの人々が『ラサーン・ラサーン』と言っているのを聴いた」と説明している[4]。ジャケットに写っている子ども達の一人は、カークの息子ロリーである[4]

LPのB面に収録された「メドレー」は、LPのトラック・リストでは「家路」の後に「センチメンタル・ジャーニー」が記載されているが、実際にはまず「センチメンタル・ジャーニー」、続いて「家路」が演奏された後、これらの曲が同時に演奏される構成となっている[3]

反響・評価[編集]

ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートでは、自身最高の18位を記録した[5]。Thom Jurekはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け、アルバム全体に関して「カークが録音した最も異様なレコードの一つだが、確かに価値がある」、「ザ・シーカー」に関して「カーク流のクラシック音楽」と評している[6]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はローランド・カーク作(3.と6.は楽曲でなくMCである)。オリジナルLPでは1.と2.がA面、3.以降がB面に収録されていた。

  1. ザ・シーカー - "The Seeker" - 17:18
    • I. ブラック・クラシカル・ラップ - "Black Classical Rap"
    • II. ザ・シーカー - "The Seeker"
    • III. サンキュー、バード - "Thank You, Bird"
    • IV. ニューオリンズ - "New Orleans"
  2. サテン・ドール - "Satin Doll" (Duke Ellington, Billy Strayhorn, Johnny Mercer) - 2:17
  3. イントロダクション - "Introduction" - 1:38
  4. メドレー - "Medley" - 4:46
  5. スウィート・ファイアー - "Sweet Fire" - 6:10
  6. イントロダクション - "Introduction" - 3:19
  7. ベイビー・レット・ミー・シェイク・ユア・トゥリー - "Baby Let Me Shake Your Tree" - 4:49

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジョン・クルース 『ローランド・カーク伝 溢れ出る涙』 林建紀訳、河出書房新社、2005年、293頁。ISBN 4-309-26825-0。
  2. ^ a b c d Roland Kirk Discography”. Jazz Discography Project. 2017年10月8日閲覧。
  3. ^ a b 2017年再発CD (WPCR-29287)ライナーノーツ(後藤誠)
  4. ^ a b オリジナルLPジャケット裏のライナーノーツ(ローランド・カーク)に準拠。
  5. ^ Rahsaan Roland Kirk - Awards”. AllMusic. 2016年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月8日閲覧。
  6. ^ Jurek, Thom. “Rahsaan Rahsaan - Roland Kirk, Rahsaan Roland Kirk”. AllMusic. 2017年10月8日閲覧。