ラザロス・フリストドゥロプーロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラザロス・フリストドゥロプーロス Football pictogram.svg
20130814 AT-GR Lazaros Christodoulopoulos 2368.jpg
名前
ラテン文字 Lazaros Christodoulopoulos
ギリシャ語 Λάζαρος Χριστοδουλόπουλος
基本情報
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
生年月日 (1986-12-19) 1986年12月19日(32歳)
出身地 テッサロニキ
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 オリンピアコスFC
ポジション FW, MF
背番号 11
ユース
ギリシャの旗 PAOK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2008 ギリシャの旗 PAOK 56 (8)
2008-2013 ギリシャの旗 パナシナイコス 89 (15)
2013-2014 イタリアの旗 ボローニャ 39 (3)
2014-2016 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 22 (1)
2015-2016 イタリアの旗 サンプドリア (loan) 10 (1)
2016-2018 ギリシャの旗 AEKアテネFC 57 (12)
2018- ギリシャの旗 オリンピアコスFC 17 (4)
代表歴2
2005-2006 ギリシャの旗 ギリシャ U-19 7 (2)
2006-2008 ギリシャの旗 ギリシャ U-21 13 (7)
2008- ギリシャの旗 ギリシャ 35 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月7日現在。
2. 2019年1月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラザロス・フリストドゥロプーロスギリシア語: Λάζαρος Χριστοδουλόπουλος, Lazaros Christodoulopoulos, 1986年12月19日 - )は、ギリシャテッサロニキ出身の同国代表サッカー選手オリンピアコスFCに所属。ポジションはフォワードミッドフィールダー(主にウイング)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

2004年、17歳でPAOKテッサロニキに入団し、2008年までプレー。2008年6月には名門パナシナイコスFCに移籍し、4年契約を結んだ[1]。2011-12シーズンにはひざの故障で手術を受けたものの、2011年12月には新たに契約を2年間延長。2012-13シーズンは背番号10を背負い、チームの中心を担ったが、財政難に伴い2012年12月にチームを放出された。

2013年1月、イタリアボローニャFCと契約[2]

2014年7月1日、エラス・ヴェローナFCへの移籍が発表された[3]

2016年8月27日、AEKアテネFCに移籍した。

2018年5月15日、7月からオリンピアコスFCに2年契約で移籍することが発表された[4]。これにより、PAOKテッサロニキ、パナシナイコスFC、AEKアテネFC、オリンピアコスFCのギリシャ4大クラブの全てに所属した初めての選手となった[5]

代表[編集]

年代別のギリシャ代表を経て、2008年2月にA代表デビュー。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 UCサンプドリア 2015-2016 (loan)

タイトル[編集]

A.E.K

脚注[編集]

  1. ^ Yπέγραψε ο Χριστοδουλόπουλος contra.gr
  2. ^ Christodoulopoulos al Bologna bolognafc.it 2013年1月31日
  3. ^ Ufficiale: Lazaros Christodoulopoulos in gialloblù エラス・ヴェローナFC公式ウェブサイト 2014年7月1日付
  4. ^ (ギリシア語)Olympiacos.org | Official Website of Olympiacos Piraeus. http://www.olympiacos.org/article/73943/lazaros-gia-dyo-xronia-ston-thrylo+2018年6月21日閲覧。 
  5. ^ “Ανακοινώθηκε ο Χριστοδουλόπουλος από τον Ολυμπιακό!” (英語). Contra.gr. http://www.contra.gr/Soccer/Hellas/Superleague/olympiacos/anakoinwthhke-o-xristodoylopoylos-apo-ton-olympiako.5198631.html 2018年6月21日閲覧。