ラザール・レヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラザール・レヴィ
Levy with Nippon Symphony Orchestra 1950.JPG
Levy with Nippon Symphony Orchestra、1950年
基本情報
生誕 (1882-01-18) 1882年1月18日
出身地 フランスの旗 フランス
死没 (1964-09-20) 1964年9月20日(82歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

 

ラザール・レヴィLazare Lévy, 1882年1月18日 - 1964年9月20日)はフランスピアニスト・ピアノ教師。ハイフンを入れてラザール=レヴィ(Lazare-Lévy)と表記される場合もある。

経歴[編集]

ベルギーブリュッセルにて、ユダヤ系フランス人の家庭に生まれる。

パリ音楽院ルイ・ディエメに師事し、1898年に首席となる。1907年にディエメやヴィクトル・ストーブと共著で、『ピアノ奏法の奥義 Méthode supérieure de piano』を上梓した。ヨーロッパアジアで幅広く演奏活動を行い、得意のモーツァルトシューマンを録音した。

1914年から長期間にわたってパリ音楽院教授を務めた。第二次世界大戦中は、ユダヤ系ゆえに公職追放に遭ったが、1944年に再任された。

名技性を披露することはできなかったが、温かいタッチと潤いのあるアゴーギクで名声を博した。数は少ないものの、録音は残っている。

門下生[編集]

脚注[編集]