ラシュタット条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動


ラシュタット条約
Europe, 1714.png
スペイン継承戦争後のヨーロッパ
署名 1714年3月6日
署名場所 ラシュタット
締約国 ハプスブルク帝国とフランス
主な内容 スペイン継承戦争講和条約
テンプレートを表示

ラシュタット条約(ラシュタットじょうやく)は、1714年3月6日神聖ローマ皇帝カール6世フランスルイ14世との間に結ばれたスペイン継承戦争講和条約。皇帝側全権はプリンツ・オイゲン、フランス全権はクロード・ルイ・エクトル・ド・ヴィラール

主な内容[編集]

ラシュタット条約はハプスブルク帝国とフランスの間の条約であり、(プロイセンを除く)神聖ローマ帝国全体とフランスの講和条約(バーデン条約)は9月7日に別途スイスのバーデンで結ばれ、ドイツ方面の戦争は終結した。

関連項目[編集]