ラジオ・ベリタス・アジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラジオ・ベリタス・アジア英語: Radio Veritas Asia, RVA)とは、フィリピンにあるカトリック系列のラジオ放送局である。

概要[編集]

フィリピンではキリスト教系列のFEBCと並ぶ2大宗教放送局として人気を集めており、フィリピン国内向けはもとより、日本を始めとしたアジア諸国向けの国際放送事業も展開している。また、バチカン市国にあるバチカン放送(ラジオ・バチカン)とも友好提携の関係にある。Veritas とはラテン語で「真理」を意味する。1961年ケソン市のセント・トマス大学から「Santo Thomas University Radio」(コールサイン:DZST)という名称で行われていた放送、及び同局から改名したVoice of the Catholic Philippines(カトリック・フィリピンの声)を前身とする。

開局当時は当時の西ドイツとの関係が深く、後述するように一時は資本の75%を西ドイツからの出資が占めていたこともあった[1]エドゥサ革命の際、コラソン・アキノに付いてフェルディナンド・マルコスに反旗を翻したエンリレ国防相・ラモス参謀長への支援を呼びかける放送をした事で知られる。

日本語放送は、1976年から1992年にかけて行われ、カトリックの番組はもとより、地元フィリピンの国勢・生活などの情報にも力を入れて番組を提供したが、BCLリスナーの減少などから廃止された。

歴史[編集]

送信所[編集]

  • Parauig Zanbales

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m ラジオパラダイス』(三才ブックス)1987年3月号 p.61