ラジャスタン原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ラジャスタン原子力発電所
ラジャスタン原子力発電所の位置(インド内)
ラジャスタン原子力発電所
インドにおけるラジャスタン原子力発電所の位置
インドの旗 インド
座標 北緯24度52分20秒 東経75度36分50秒 / 北緯24.87222度 東経75.61389度 / 24.87222; 75.61389 (ラジャスタン原子力発電所)座標: 北緯24度52分20秒 東経75度36分50秒 / 北緯24.87222度 東経75.61389度 / 24.87222; 75.61389 (ラジャスタン原子力発電所)
着工 1963
運転開始 1973年12月16日
運営者 インド原子力発電公社 LTD.
原子炉
運転中 1 x 100 MWe
1 x 200 MWe
4 x 220 MWe
建設中 2 x 700 MWe
発電量
平均発電量 3,140 GWh
正味年間発電量 50,497 GWh
ウェブサイト
Nuclear Power Corporation of India
2007年7月24日現在
テンプレートを表示

ラジャスタン原子力発電所英語: Rajasthan Atomic Power Station)はインドラージャスターン州チッタウルガル県英語版にある原子力発電所コーターからチャンバル川沿いに65kmほどの位置にあり、ラナ・プラタップ・サガーダム英語版のダム湖のほとりにある。ラワットバータ英語版、タムラオ(Tamlao)が隣接し、ラワットバータからは道路で10kmほどである。コーターには重水の工場があり1980年代から運用されている。

歴史[編集]

ラジャスタン発電所計画(Rajasthan Power Project、RAPP)では2基の220MWeのCANDU炉をラジャスタンに建設し、それぞれ1973年および1981年に商業運転を開始する予定とした。インドはカナダとの間で原子力通商協力を行うこととなり、カナダからCANDU炉を導入し、インドの運営者や工学専門家はカナダのダグラスポイント原子力発電所英語版で訓練された。なお、カナダのダグラスポイント原発は1961年に運転を開始し、ラジャスタンのCANDU炉は1963年に運営を開始している。1973年の核実験の後、カナダとインドの原子力通商協力は縮小され、2号炉はカナダの協力無しで建設され、PHWR炉として建設された。

多くの事故と修理の後[要出典]、現在1号機は100MWで運転されており、2号炉は200MWで運転されている。

原子力計画の中で、さらに220MW級のPHWRが2基追加で建設された。費用はおおよそ5億7000万ドルと見積もられ、3号機は1999年12月24日、4号機は2000年11月3日に臨界を達成した。商業運用はそれぞれ2000年6月1日、2000年12月23日に始まっている。その後220MW級PHWRが更に2基の追加され、5号機は2010年2月4日に、6号機は2010年3月31日に商業運転を開始した[1]

現在、インド設計の700MWe級改良型加圧重水炉が2基建設中であり7号機、8号機になる予定である。7号機最初のコンクリート打ち込みは2011年7月18日に行われ[2]、2016年の商業運転開始を見込んでいる。2基の建設費は1232億ルピーと見積もられている[3]

事故・評価[編集]

2012年6月、38人の作業員が溶接作業中にトリチウムに曝露した[4]

2012年11月国際原子力機関(IAEA)は数週間にわたってラジャスタン原発の2基の原子炉の安全性の集中監査を行った。これはこれらの原子炉は世界でも最良の状態で、これらの220MW級発電施設は福島のような事故にも耐えうると結論を出しており、「インドの安全文化が強く」高い国際安全基準をの勝者として現れたとさえ示唆している[5]

原子炉[編集]

名称 形式 正味発電量 総発電量 建設 臨界達成 商業運転 運転終了
1号機 (Rajasthan−1) CANDU 90 MW 100 MW 1965年8月1日 – 1972年11月30日 1973年8月11日 1973年12月16日
2号機 (Rajasthan−2) PHWR 187 MW 200 MW 1968年4月1日 – 1980年11月1日 1981年5月 1981年4月1日
3号機 (Rajasthan−3) PHWR 202 MW 220 MW 1990年2月1日 – 2000年3月10日 2000年6月1日
4号機 (Rajasthan−4) PHWR 202 MW 220 MW 1990年10月1日 – 2000年11月17日 2000年12月23日
5号機 (Rajasthan−5) PHWR 202 MW 220 MW 2002年9月18日 – 2009年11月24日 [6] 2010年2月4日 [1]
6号機 (Rajasthan−6) PHWR 202 MW 220 MW 2003年1月20日 – 2010年3月31日 [1]
7号機 (Rajasthan−7) PHWR 630 MW 700 MW 2011年7月18日 [7]
8号機 (Rajasthan−8) PHWR 630 MW 700 MW 2011年12月

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク
  • ウィキポータル 原子力
  • ウィキポータル エネルギー

[編集]

  1. ^ a b c Rajasthan Atomic Power Station (RAPS)”. Plants Under Operation. インド原子力発電公社 (NPCIL). 2020年8月24日閲覧。
  2. ^ “India begins construction of 25th nuclear plant”. ザ・ヒンドゥ英語版. (2011年7月18日). http://www.thehindu.com/news/national/article2237873.ece?homepage=true 2011年7月18日閲覧。 
  3. ^ Construction starts on new Rajasthan units”. 世界原子力ニュース. 世界原子力協会 (WNA) (2011年7月18日). 2011年7月18日閲覧。
  4. ^ Radiation scare in Rajasthan, workers exposed - ウェイバックマシン(2014年10月30日アーカイブ分). NDTV.com (2012-06-30). Retrieved on 2013-12-06.
  5. ^ UN's nuclear watchdog: Rajasthan reactors are among world's safest”. NDTV英語版.com (2012年11月15日). 2013年12月6日閲覧。
  6. ^ “RAPS’ fifth nuclear reactor attains criticality”. The Hindu. (2009-11-25). http://www.hindu.com/2009/11/25/stories/2009112561161400.htm 2009年11月25日閲覧。. 
  7. ^ “Construction of RAPP-7&8 Begins – First Pour of Concrete Achieved” (プレスリリース), NPCIL, (2011年7月18日), オリジナルの2017年6月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170625055330/http://www.npcil.nic.in/pdf/press_18jul2011_01.pdf 2011年7月18日閲覧。 
  • Juggernaut, a 1968 Canadian documentary on the delivery of the plant's calandria.