ラストショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ザ・ラストショウは、日本のバンド。

概要[編集]

1974年泉谷しげるバックバンドとして結成。ピーター・ボグダノヴィッチ監督の名作映画『ラスト・ショー』にちなんで泉谷が “ザ・ラスト・ショウ" と命名、2年間ツアーを共にする。その後セッション・バンドとして杉田二郎アグネス・チャンなどのバックも務める。

1976年日本コロムビアからアルバム『アリゲーター・ラジオ・ステーション』(1977年)、『ラストショウ2』(1978年)の2枚のオリジナルアルバムと1枚のサウンドトラック・アルバム『火曜日のあいつTBS系で放映)・ブルファイト』をリリースした。

『アリゲーター・ラジオ・ステーション』では 鈴木慶一岡田徹吉川忠英などのゲストを迎え、『ラストショウ2』では、エイモス・ギャレットがゲスト、『火曜日のあいつ・ブルファイト』のゲストキーボードは当時新進の坂本龍一、ボーカルに俳優の小野寺昭が参加した。3枚とも今ではマニアックなレア・レコードになっている。(2009年12月に『アリゲーター・ラジオ・ステーション』、『ラストショウ2』が再発された。)

2008年に再結成してライブ活動を始め、2010年ポニーキャニオンより新アルバムを発売。

メンバー[編集]

松田幸一 (ハーモニカ
1972年にアーリータイムスストリングスバンドを結成、1973年にザ・ラストショウを結成。日本のブルースハープのパイオニアであり、プロで活躍するハーピストの中でもキャリア、実力共に日本を代表するプレーヤーの一人。ゴンチチORIGINAL LOVE高橋幸宏、チャーリー・マッコイ、徳武弘文、ブレンドン・パワー、大瀧詠一高田渡高石友也太田裕美小泉今日子福山雅治石川さゆりさだまさしなどのレコーディングやライブに参加。ソロアルバムでは1996年に『ヴォイスオブハーモニカ』、2009年に4枚目のアルバム『Popit Pop』を発表。
村上律(ペダル・スティール・ギター
1971年中川イサトと“律とイサト”というデュオ・グループを結成し、コンテンポラリー・フォーク・ミュージックを追求する。1972年CBSソニーから“村上律と中川イサト”というタイトルのアルバムをリリースする。同年にグループは解散し、当時交流のあった渡辺勝松田幸一今井忍、竹田裕美子らとアーリータイムスストリングスバンドを結成し、CBSソニーからシングル盤1枚をリリース。その後、泉谷しげるのバック・バンドとして活動していた時に知り合った徳武弘文らと“ザ・ラスト・ショウ”を結成。それ以降、加川良泉谷しげる長渕剛らのサポートをする。2003年ソロアルバム『ホロロラ』をリリース。
徳武弘文(ギター
大学時代にブレッド&バターのサポートをつとめ、以後はちみつぱいのメンバーと共に山本コウタローと少年探偵団を結成し、本格的な音楽活動を開始。後に吉川忠英&ホームメイドに参加しながら、スタジオ・ミュージシャンとして幾多のセッションを行なう。1974年に泉谷しげるのバックバンド "ザ・ラスト・ショウ" を結成。その後ニュー・ミュージック系アーティストを始め、五輪真弓吉田拓郎長渕剛杉田二郎大瀧詠一南こうせつ高橋幸宏山本耀司などのレコーディング、ライブに参加する。1998年、最も啓蒙を受けたナッシュビルのプログレッシブ・カントリー・ロック・バンド、ベアフット・ジェリーの再結成コンサートでのリード・ギタリストとして参加。ソロ活動ではDr.K(ドクターK)として9枚のアルバム、またDr.K Projectとして10枚のアルバムをリリースするなど精力的に活動を続けている。サムピックを使用したフィンガー・ピッキングにアメリカン・フィーリングを活かした独自のギター・スタイルを確立した彼のプレイは、カントリー・ミュージックルーツ・ミュージックの色が濃い。
島村英二ドラム
1974年ごろ、吉川忠英とともに「ホームメイド」を結成。同時期にスタジオミューシャンとしての活動を始める。その後「ザ・ラストショウ」に参加。以後ライブとスタジオの活動を両立させている。いままでのレコーディングサポートは吉田拓郎松任谷由実チャゲ&飛鳥井上陽水伊勢正三竹内まりやTHE BOOM宗次郎さだまさし泉谷しげる南こうせつ大瀧詠一長渕剛山下達郎シュガー・ベイブ)、ゆずBEGIN他。現在は「NOBU CAINE」「ONE NIGHT STAND BROTHERS」のライブに参加。
河合徹三(ベース
高校生のときにクラウディというバンドでプロデビューが決まるが、進学を決意しデビュー直前に脱退。しかし希望大学に入れずに、浪人生活の傍ら再び音楽活動を開始する。そのときに“ラストショウ”にベーシストとして参加した。また、ザ・ラストショウの活動とは別にベーシストとして多くのレコーディングに参加する。サポートしたアーティストは岡林信康古井戸アリス堀内孝雄アグネス・チャン木之内みどり丸山圭子など。 ラストショウ解散後は、スタジオミュージシャンを続け、アリス、杉田二郎ふきのとう中山美穂島田歌穂などのコンサートのサポートも始める。ふきのとう永井龍雲、高橋忠史などのレコーディングではアレンジャーも務める。最近では南こうせつ伊勢正三鈴木康博浜田省吾藤井フミヤBEGIN、都留教博、中村由利子TOSHIX JAPAN)などのレコーディングやコンサートのサポートを行う。またこれらのサポート以外に、山本康世(元ふきのとう)やメンバーとして参加しているアコースティックカフェ等のレコーディングにおいてサウンド・プロデュースも担当している。2003年に自身のソロアルバム『Trapejium』をリリース、また河合徹三、夏目一朗、金武功の3人からなる弾き語りソロユニットpig-innを結成。

作品[編集]

シングル[編集]

  • ブルファイト/燃えてるあいつ(1976年、東宝、AT-4011)- 「火曜日のあいつ」オリジナル・サウンドトラック

アルバム[編集]

  • ブルファイト(1976年、BLOW UP、LQ-7010)- 「火曜日のあいつ」オリジナル・サウンドトラック
  • ブルー・ロンサム・レディ(1977年、LK-46)
  • ラストショウ2(1978年、BLOW UP、LX-7034)