ラスト・クリスマス (ワム!の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ラスト・クリスマス
ワム!シングル
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル コロムビア・レコード(米国)
エピック・レコード(英国)
EPICソニー(日本)
作詞・作曲 ジョージ・マイケル
プロデュース ジョージ・マイケル
チャート最高順位
ワム! シングル 年表
ケアレス・ウィスパー
(1984年)
ラスト・クリスマス
(1984年)
フリーダム
(1985年)
ミュージックビデオ
「Last Christmas」 - YouTube
テンプレートを表示

ラスト・クリスマス」(: Last Christmas)は、イギリス音楽グループワム! (Wham!) が1984年リリースしたシングル。日本ではクリスマスシーズンになると流れるクリスマスソングの定番曲となっている[1]

解説[編集]

人気絶頂だった1984年のクリスマスに合わせて発売されたクリスマスソング。タイトルは「去年のクリスマス」という意味で、クリスマスの失恋をテーマとしている。ワム!名義で発売された曲ではあるが、実際にはジョージ・マイケルが一人で録音している(演奏は打ち込みによるもので、ギターもこの曲には入っていないため、ジョージ自身が実際に演奏しているパートはない)。通常のシングル・バージョンのほかに当時流行の12インチ・バージョンが、「プディング・ミックス」という名前で発表された。現在入手できるのはほとんどがプディング・ミックスの方で、シングル・バージョンの方が収録されているアルバムは、オムニバス物を含めても少ない(現在はダウンロード形式でのシングル・バージョンの入手は可能)。

クリスマスソングの定番曲として、現在に至るまで数多くの歌手にカバーされている。また、2007年には「ワム!」名義で「Last Christmas 2007」がリリースされている。

日本でも累計売上が100万枚を突破し(アナログレコードとCDの合計)、大ヒットした[2]

2013年12月22日に施行された、JRA阪神競馬9R「樅の木賞」の本馬場入場曲に採用された[3]

2016年12月25日、街に「ラスト・クリスマス」が流れる中、作詞作曲者のジョージ・マイケルの訃報が世界各国に伝えられた[1]

チャート成績[編集]

日本のオリコンチャートでは、1984年12月30日付の総合シングルチャートで最高12位を記録し、同チャートの洋楽シングルチャートでは1988年12月19日に初の1位を獲得し[4]以後、通算で30週1位を獲得した。この1位獲得週数は、2013年現在、最長記録となっている。1992年にはオリコン洋楽シングルチャートの年間チャート1位となった[5]

イギリスでは、1985年のクリスマスの時期に再発売され、再びトップ10入り(6位)を果たした。以降もクリスマスの時期になると、チャートの上位にランクインしている。2016年12月30日発表の全英シングルチャートでは「ラスト・クリスマス」が7位に浮上し[6]、31年ぶりのトップ10入りとなった[7]。2021年01月01日発表の全英シングルチャートで発売から36年目にして初の1位を獲得した[8]

アメリカではシングルレコードとして発売されていないが、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリーチャートで最高22位、1998年には『ビルボード』のエアプレイチャートで最高58位を記録した。2017年1月7日付のBillboard Hot 100では50位に入り、これがBillboard Hot 100での初チャートインとなった[9]。翌週には41位に浮上した[7]2018年12月15日付のBillboard Hot 100では前週の43位から34位に上昇した。2021年1月2日付のBillboard Hot 100では前週の14位から9位に上昇し、初のトップ10入りとなった。また、『ビルボード』調べによるアメリカでダウンロード回数の多いホリデーソング(クリスマスソング)ランキング(2003年 - 2016年)では10位にランクインされている[10]

カバー[編集]

この曲は全世界で数多くの歌手にカバーされている。以下日本におけるカバーを記述する。

脚注[編集]

関連項目[編集]