ラス・カンケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラス・カンケル
出生名 Russell Kunkel
生誕 (1948-09-27) 1948年9月27日(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルバニア州ピッツバーグ
ジャンル ロック、ポップ、カントリー
職業 音楽家
担当楽器 ドラムパーカッション
共同作業者 ジェームス・テイラーキャロル・キングジャクソン・ブラウンジョニ・ミッチェルリンダ・ロンシュタット

ラス・カンケルRuss Kunkel1948年9月2日 - )は、アメリカ合衆国ドラマー

ジェームス・テイラーキャロル・キングジャクソン・ブラウンジョニ・ミッチェルリンダ・ロンシュタットカーリー・サイモンらの作品のレコーディングに数多く参加した。70年代もっともよく知られたセッション・ミュージシャンの一人。

経歴[編集]

ペンシルバニア州ピッツバーグ出身。1968年、キャス・エリオット(本名:エレン・ナオミ・コーエン)の妹のリア・コーエンと結婚[1]。妻のリア・カンケルは70年代から80年代にかけて、セッション・ボーカリスト、シンガーソングライターとして活躍した。二人の間には生まれたナサニエル・カンケルは音響技術者となった[2]。キャス・エリオットが1974年7月29日に急死すると、リアはキャスの7歳の娘のオーエンを引き取った。

1970年代初頭にダニー・コーチマー(ギター)、リーランド・スカラー(ベース)、クレイグ・ダージー(キーボード)らと4組のインストゥルメンタル・グループ、「ザ・セクション(The Section)」を結成した[3]。ザ・セクションは1972年から1977年にかけて3枚のアルバムを発表している。

1990年、ニコレット・ラーソンと結婚[4]。1997年12月16日にラーソンが病死するまで結婚生活は続いた。ラーソンとの間には娘が一人いる。

主な参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Leah Kunkel”. AllMusic. 2018年3月20日閲覧。
  2. ^ Weller, Sheila (2008). Girls Like Us. New York: Simon & Schuster. p. 471. ISBN 978-0743491471. 
  3. ^ The Section / ザ・セクション「THE SECTION / ザ・セクション」|ワーナーミュージック・ジャパン
  4. ^ Perrone, Pierre (1997年12月27日). “Obituary: Nicolette Larson”. The Independent. Independent News & Media. 2018年3月20日閲覧。