ラッキールーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ラッキールーラ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1974年2月22日
死没 1991年5月12日
ステューペンダス
トースト
母の父 ハクリヨウ
生国 日本の旗 日本
北海道伊達市
生産 高橋農場
馬主 吉原貞敏
調教師 尾形藤吉東京
競走成績
生涯成績 24戦6勝
獲得賞金 1億5350万5700円
勝ち鞍 東京優駿(1977年)
テンプレートを表示

ラッキールーラ1974年2月22日 - 1991年5月12日)は、日本中央競馬会競走馬種牡馬1977年東京優駿(日本ダービー)が主な勝ち鞍である。引退後に種牡馬となり、晩年は韓国に寄贈された。

馬名がラッキールーラーではなくラッキールーラとなったのは「ラッキーセブン」にちなんで7文字の馬名にしたためと言われている[1]

馬齢は旧表記を用いる。

生涯[編集]

誕生・デビュー前[編集]

1974年2月22日北海道伊達市の高橋農場で誕生。父・ステューペンダスはボールドルーラーを父に持つ1963年生まれのアメリカ産馬で、1966年プリークネスステークスで2着になっている。種牡馬としては、1968年からイギリスで供用され、1973年より日本に輸入された。ラッキールーラはステューペンダスの初年度産駒であった。ラッキールーラ以外の代表産駒としては地方出身ながら宝塚記念を勝ったカツアールがいる。

母・トーストは4歳時は桜花賞2着が最高であったが、古馬になって本格化し、金杯(東)中山記念アルゼンチンJCC毎日王冠に勝ち、天皇賞(秋)有馬記念で2着の実績を残した名牝。牝馬限定路線が整備されている現在なら、おそらくGI競走を2勝以上しただろうと思わせる逸材であった。

母の父・ハクリョウ菊花賞で優勝してから本格化し、5歳で天皇賞(春)を制覇、日本で初めて制定された啓衆社賞年度代表馬に選ばれている。代表産駒としては皐月賞馬・ヤマノオー、桜花賞馬・シーエースがいる。

早生まれで大きく育ったラッキールーラは牧場で評判が高く、早くから尾形藤吉調教師に目を付けられていた。東京鐵鋼社長の吉原貞敏に800万円で購入され、1975年11月東京・尾形藤吉厩舎に入厩した。

競走馬時代[編集]

3歳(現・2歳)時[編集]

560kgを越えるラッキールーラはなかなか身体を絞れず、デビュー戦は1976年6月札幌ではなく、8月15日函館となった。デビュー戦は伊藤正徳を鞍上に3着だった。折り返しの新馬戦も2着となり、初勝利は10月中山の未勝利戦だった。

11月の東京の白菊賞はカネミノブの2着、同月のさざんか賞は勝って2勝目を挙げたものの、12月の中山のひいらぎ賞はプレストウコウの2着に敗れて、この年を終えた。

4歳(現・3歳)時[編集]

ダービー前[編集]

1977年、4歳となったラッキールーラは休養を取ることなく、1月京成杯で初めて重賞に挑戦。朝日杯3歳ステークスマルゼンスキーと接戦を演じていたヒシスピードの2着に敗れた。

2月東京4歳ステークスもヒシスピードの4着に敗れた。ここまで使い込まれているにも関わらず、ラッキールーラの馬体はなかなか絞れず、巨体を持て余していた。しかし、尾形は飼い葉を減らさず、汗取りもせず、自然に成長するのを待った。

尾形の誕生日である3月2日に行われた弥生賞では、ラッキールーラは540kgにまで絞り込まれた馬体で挑み、出ムチをくれた逃げ戦法に出て、3度目の重賞挑戦で重賞初制覇を決めて、クラシック候補に名乗りを挙げた。

4番人気で迎えた皐月賞は先行して抜け出しを図ったが、伊藤の同期で「天才」と称された福永洋一騎乗のハードバージ忍者のように内から伸びてきて、為す術もなく2着に敗れた。

そして、1番人気に推されたダービートライアルのNHK杯では直線で粘りを欠き、プレストウコウの4着に敗れた。

日本ダービー[編集]

日本ダービーは曇り空の中、良馬場で行われることになったが、持込馬クラシックの出走権がなかったマルゼンスキー以外で争うことになり、どんぐりの背比べといった感じで、戦国ダービーの様相を呈していた。

武邦彦に乗り替わったハードバージが1番人気に支持され、ボルテール、パワーシンボリがそれに続き、福永がハードバージから乗り替えたホリタエンジェルが4番人気であった。ラッキールーラは調教の動きこそ抜群で好気配を示していたものの、28頭立ての7枠24番と、前走の凡走ぶりから9番人気と低評価であった。

ラッキールーラは外枠から好スタートで斜めに横切り、1コーナーを先頭で回った。しかし逃げる意図はなかったので、向正面でワールドサバンナにハナを譲った。ハードバージは中団の外に待機し、ポルテール、パワーシンボリも同じ位置に控えた。プレストウコウとカネミノブは好位に付け、ホリタエンジェルは後方に位置した。

直線に入ると、まずカネミノブが先頭に立ち、すかさずラッキールーラと伊藤が馬体を合わしてこれをかわすと、ゴールを目指すラッキールーラにハードバージが迫った。一完歩ごとにラッキールーラを追い詰め馬体が合うが、ゴール寸前で最後の粘りを発揮したラッキールーラがハードバージを競り落とし、頭差先着していた。「欅の向こうを越えたら馬任せ。直線で抜きかえすつもりで行け」という尾形の指示を伊藤が忠実に守り、それが最後の逆転に繋がった。

尾形にとってはメイズイ以来14年ぶり8回目、生涯最後のダービー制覇となった。尾形にとって過去7回の制覇は馬房制限がなく、素質馬を独占できた頃の記録で、それ以降のダービー制覇は至難の業であった。表彰式で尾形は感涙していたが、このダービーの夜に自宅が火事で全焼する悲劇に見舞われることになる。一方、ラッキールーラに騎乗していた伊藤は父・正四郎も第5回の日本ダービーをトクマサで優勝しており、史上2組目の父子2代のダービージョッキーになった。

また、アメリカ産種牡馬がダービーを制するのは初めてであり、この時のラッキールーラの馬体重534kgは2020年現在でも日本ダービー優勝馬最重量であり、同時にダービー史上最外枠での優勝馬でもある。ただし、勝ちタイムの2分28秒7は前週のオークスを勝ったリニアクインに0.6秒も劣るもので、出走馬のレベルの低さを伺わせた。

ダービー後[編集]

ダービー優勝後、ラッキールーラは、夏の間は府中で過ごした。なお、休養中の7月26日に父・ステューペンダスが死亡している。

秋は10月の中山から始動。初戦の平場のオープンで逃げ切り勝利をおさめると、3日後に西下して京都新聞杯に出走。ここはプレストウコウの2着に敗れたが、前哨戦ということもあり問題視されなかった。

菊花賞では、ラッキールーラは直前での調教の動きが抜群だったこともあり、「亡くなった種牡馬の仔は走る」というジンクスも手伝って1番人気に推された。だが、レースでは九州産馬・オサイチセイダイのハイペースの大逃げに反応して2番手に付けてしまいスタミナが著しく消耗、直線で急激に手応えを失い15着に惨敗した。

5歳(現・4歳)以降[編集]

菊花賞後、ラッキールーラは深管骨瘤で2年余りの長期休養に入り、復活したのは6歳になった1979年12月9日の中山の平場のオープンだった。しかし、長期の休み明けが祟ったのか、結果は7頭立ての殿負けに終わった。

年が明けて1980年、7歳となったラッキールーラは1月の東京、2月の中山と平場のオープンを2戦したが、それぞれ2着、7着に敗れた。4月京王杯SHは7着、5月のニュージーランドT[2]も11着と惨敗が続いたが、6月の札幌日経賞でプリテイキャスト以下に逃げ切り勝ちし、鮮やかに復活した。

尾形は、天皇賞から有馬記念を目指すと宣言したが、続く札幌記念は14頭立ての9着、8月の函館の巴賞と函館記念はそれぞれ殿負けを喫した。尾形はダービー馬の名誉を守るため引退を表明。11月30日に中山で引退式が行われた。

引退後[編集]

引退後は中央競馬会が4500万円で買い上げ、日本軽種馬協会へ寄贈した。1981年から胆振種馬場で種牡馬として供用されたが、馬体重が700kgを越え、性器も大きかったため、小柄な牝馬では相手が務まらなかった。マルゼンスキーと同世代であったため不当に低い評価をされ、1986年には種付け5頭という寂しさであったが、1987年にトチノルーラーがきさらぎ賞を勝ち、種付け頭数も39頭に戻り、種付け料も15万円から20万円に上がった。種牡馬としては成功とは言い難く、1990年にはプレストウコウ・カツトップエースとともに韓国に輸出されたが、1991年5月12日に事故により死去。残した僅か4頭の産駒の中から1996年-1997年韓国最優秀内国産馬タンディチェイル(当代第一)を送り出した。

競走成績[編集]

代表産駒[編集]

悲運の世代の悲運のダービー馬[編集]

ラッキールーラは日本ダービーを制して世代の頂点に立ったが、この世代には、当時の規則で持込馬には出走権が無く、クラシックに出走できなかったマルゼンスキーがいた。

マルゼンスキーと同世代のダービー馬である本馬は直接対決が期待されたが、マルゼンスキーも脚部不安で早々に引退してしまったため、実現することはなかった。このため、マルゼンスキーとの直接対決で完敗しているヒシスピードやアローバンガード、プレストウコウなどの、両馬と対戦した他馬を定規としたマルゼンスキーとの机上の比較が、マスコミや競馬ファンにより行われることとなった。また、ラッキールーラが優勝した日本ダービーの優勝タイムがオークスで優勝したリニアクインのタイムを0.6秒も下回っていることや、ダービーの前哨戦である4歳中距離ステークスでも牝馬であるリニアクインが7馬身差で完勝していたことから、ラッキールーラは軒並み低評価を与えられ、後に「悲運のダービー馬」などと形容されることになった。

また、同世代の皐月賞馬ハードバージも競走生活引退後の種牡馬生活が不調で、最後はショーや馬車の使役馬に転用された末に、熱射病死亡するという悲劇的な運命を辿っている。マルゼンスキーがクラシックに出走できず、裏街道路線に進まざるを得なかったことも、この世代の評価を押し下げる要因となっており、後年、この世代の牡馬はしばしば「悲運の世代」として評されている。

そして、1977年の牡馬クラシック路線で活躍した馬の悲運と、ちょうどこの10年後の1987年の牡馬クラシック路線で活躍したサクラスターオーマティリアルらの悲劇的な生涯に因み、「西暦末尾が7の年のクラシック戦線の牡馬たちは不幸の世代になる」と、ジンクスの様に語られた経緯がある。

なお、ラッキールーラの代表産駒であるトチノルーラーは1987年の牡馬クラシック組であり、ジュニアカップやきさらぎ賞などクラシック本番までに4勝を挙げて期待されたものの、クラシックレース以後は伸び悩み、5歳時に上山競馬場に移籍したため、きさらぎ賞が中央競馬での最後の勝利となっている。

血統表[編集]

ラッキールーラ血統ボールドルーラー系 / Pharos 5×5=6.25%, Royal Minstrel 4×5= 9.38% (血統表の出典)

*ステューペンダス
Stupendous
1963 青毛
父の父
Bold Ruler
1954 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Miss Disco Discovery
Outdone
父の母
Magneto
1953 黒鹿毛
Ambiorix Tourbillon
Lavendula
Dynamo Menow
Bransome

トースト
1959 鹿毛
ハクリヨウ
1950 鹿毛
*プリメロ
Primero
Blandford
Athasi
第四バツカナムビユーチー *ダイオライト
バツカナムビユーチー

mmff = Polemarch

母の母
*フラワーワイン
Flower Wine
1950 鹿毛
*ヴイーノーピユロー
Vino Puro
{{{mmff}}}
Vainilla
Mimosa Royal Minstrel
Bryonia F-No.13-c


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『優駿』1988年1月号より。
  2. ^ 当時はオープン特別。現在のニュージーランドトロフィーとは別。