ラッキールーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ラッキールーラ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1974年2月22日
死没 1991年5月12日
ステューペンダス
トースト
母の父 ハクリヨウ
生国 日本の旗 日本
北海道伊達市
生産 高橋農場
馬主 吉原貞敏
調教師 尾形藤吉東京
競走成績
生涯成績 24戦6勝
獲得賞金 1億5350万5700円
テンプレートを表示

ラッキールーラ日本競走馬1977年東京優駿(日本ダービー)がおもな勝ち鞍である。引退後に種牡馬となり、晩年は韓国に寄贈された。

概要[編集]

馬齢は旧表記を用いる。

3歳時は6戦して2勝とあまりぱっとした成績は残せなかったが、弥生賞を勝つと頭角を現し皐月賞で2着に入る。1番人気に推されたNHK杯ではプレストウコウの4着に敗れたが、9番人気に人気を落とした日本ダービーでは28頭立ての7枠24番で出走し、ハードバージカネミノブを抑えて優勝した。騎手伊藤正徳。この時の体重534キログラム2017年現在でも同競走優勝馬最重量であり、同時に同競走史上最外枠での優勝馬でもある。しかしその後は大型馬の宿命ともいえる慢性的な脚部不安に悩まされたこともありオープン競走2勝に終わった。鞍上の伊藤は史上2組目の父子2代のダービージョッキーとなる。また名伯楽・尾形藤吉の最後のダービー制覇(8頭目)となった。

引退後は種牡馬となったが、マルゼンスキーと同世代だったため不当に低い評価をされた上に(後述)、種牡馬になる為の身体作りの結果さらに体重が増え、実に700kgを超える状態となっていた事から、小柄な牝馬では相手が務まらない為、繁殖牝馬が限定されてしまうという問題を抱えており、交配機会にも恵まれず、さして活躍する産駒を出せないまま1990年プレストウコウカツトップエースとともに韓国に輸出された。

1991年、事故により死亡したが、残したわずか4頭の産駒の中から1996-97年韓国最優秀内国産馬タンディチェイル(当代第一)を送り出した。

馬名がラッキールーラーではなくラッキールーラとなったのは「ラッキーセブン」にちなんで7文字の馬名にしたためと言われている[1]

代表産駒[編集]

悲運の世代の悲運のダービー馬[編集]

ラッキールーラはダービーを制して世代の頂点となったが、この世代には、当時の規則で持込馬には出走権が無く、クラシックに出走できなかったマルゼンスキーがいた。マルゼンスキーと同世代のダービー馬である本馬は直接対決を期待されたが、マルゼンスキーも脚部不安で早々に引退したため、実現することはなかった。

この為、マルゼンスキーとの直接対決で完敗しているヒシスピードやアローバンガード、プレストウコウなどの、両馬と対戦した他馬を定規としたマルゼンスキーとの机上の比較がマスコミや競馬ファンにより行われる事となった。また、ダービーの優勝タイムが同年前週のオークスで優勝したリニアクインのタイムを0.6秒も下回っていることや、ダービーの前哨戦である4歳中距離ステークスでも牝馬であるリニアクインが7馬身差の完勝をしており、ラッキールーラは軒並み低評価を与えられ、後に「悲運のダービー馬」などと形容される事となった。

また、同世代の皐月賞馬ハードバージも競走生活引退後の種牡馬生活が不調で、最後はショーや馬車の使役馬に転用された末、熱射病斃死するという悲劇的な運命を辿っている。マルゼンスキーがクラシックに出走できず裏街道路線に進まざるを得なかったことも、この世代の評価を押し下げる要因となっており、後年、この世代の牡馬はしばしば「悲運の世代」として評されている。

そして、1977年牡馬クラシック路線の悲運と、ちょうどこの10年後の1987年牡馬クラシック路線で活躍したサクラスターオーマティリアルらの悲劇的な生涯に因み、「西暦末尾が7の年のクラシック戦線の牡馬たちは不幸の世代になる」と、ジンクスの様に語られた経緯がある。

ラッキールーラの代表産駒であるトチノルーラーは1987年クラシック組であり、ジュニアカップきさらぎ賞などクラシック本番までに4勝を挙げて期待されたものの以後伸び悩み、5歳時に上山競馬に移籍し、きさらぎ賞が中央競馬での最後の勝利となってしまった。

血統表[編集]

ラッキールーラ血統ボールドルーラー系 / Pharos 5×5=6.25%, Royal Minstrel 4×5= 9.38% (血統表の出典)

*ステューペンダス
Stupendous
1963 青毛
Bold Ruler
1954 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Miss Disco Discovery
Outdone
Magneto
1953 黒鹿毛
Ambiorix Tourbillon
Lavendula
Dynamo Menow
Bransome

トースト
1959 鹿毛
ハクリヨウ
1950 鹿毛
*プリメロ
Primero
Blandford
Athasi
第四バツカナムビユーチー *ダイオライト
バツカナムビユーチー
*フラワーワイン
Flower Wine
1950 鹿毛
*ヴイーノーピユロー
Vino Puro
Polemarch
Vainilla
Mimosa Royal Minstrel
Bryonia F-No.13-c
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本中央競馬会優駿」1988年1月号より。