ラティメリア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ラティメリア科 Latimeriidae
Coelacanth-bgiu.png
ラティメリア・カルムナエ
Latimeria chalumnae
地質時代
中生代ジュラ紀 -
新生代第四紀完新世(現世)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 硬骨魚綱 Sarcopterygii
亜綱 : 総鰭亜綱 Coelacanthimorpha
: シーラカンス目 Coelacanthiformes
: ラティメリア科 Latimeriidae
学名
Latimeriidae
和名
ラティメリア科
- 下位分類の詳細は本文参照 -

ラティメリア科(Latimeriidae)は、生きている化石とされる現生のシーラカンスラティメリア)を模式属とする原始的な硬骨魚類の一群()。 中生代ジュラ紀に出現し、現生シーラカンスの1属のみを残して他は中生代の間に絶滅していると見られる。

本科は肉鰭綱-総鰭亜綱(シーラカンス亜綱)-シーラカンス目に属し、化石種6属と、1属2種の現生種で構成されている。 ただし、および上位の分類については、硬骨魚綱-肉鰭亜綱-総鰭上目-管椎目とするなど、複数の異説がある。

目次

分類

略称の意味: † =絶滅。

上位分類および近縁

下位分類

マクロポマ(Macropoma)の生態再現想像図
ウンディナ・グロ(Undina gulo)の骨格図

関連項目