ラテコエール 631

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラテコエール 631

Late 631 Biscarrosse-02-cropped.jpg

ラテコエール 631(Latécoère 631)は、1930年代末にフランスのラテコエール(Latécoère)社で製造された旅客飛行艇である。当時としては最大の航空機であった。

概容[編集]

ラテコエール 631の試作機は第2次世界大戦中に占領中のフランスドイツに接収され、それに続き連合国軍の爆撃を受けた。7号機(ラテコエール社所有、洋上で喪失)、6号機(エールフランス、大西洋で喪失)、3号機(SEMAF、フェレット湾(Cap Ferret)で喪失)、8号機(France-Hydro 、カメルーンで喪失)を失った後、最後のラテコエール 631が1955年に引退した。

派生型[編集]

  • Late 631.01:最初の試作機

要目[編集]

(Laté 631)ref= World Encyclopedia of Civil Aircraft [1]

  • 乗員:5名
  • 乗客:46名
  • 全長:43.46 m (142 ft 6 58 in)
  • 全幅:57.43 m (188 ft 4 12 in)
  • 全高:10.1 m (33 ft 1 12 in)
  • 翼面積:349.4 m2 (3,760 ft2)
  • 翼面荷重:92.7 kg/m2 (19.0 lb/ft2)
  • 空虚重量:32,400 kg (71,280 lb)
  • 全備重量:71,350 kg (137,300 lb)
  • 馬力重量比:0.10 kW/kg (0.070 hp/lb)
  • エンジン:6 * ライト R-2600-A5B サイクロン 14気筒 空冷 星型エンジン、1,194 kW (1,600 hp)
  • 最大速度:394 km/h (213 knots, 245 mph)
  • 巡航速度:297 km/h (161 knots, 185 mph)
  • 巡航高度:
  • 航続距離:6,000 km (3,750 miles)
  • 上昇率:

脚注[編集]

  1. ^ Angelucci 1984, p.305.
  • Angelucci, Enzo. World Encyclopedia of Civil Aircraft. London:Willow Books, 1986. ISBN 0-00-218148-7.
  • Stroud, John. "Post War Propliners: Latécoère 631". Aeroplane Monthly, January 1993. London:IPC. pp58-62.