ラテンアメリカ不戦条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ラテンアメリカ不戦条約
ラテンアメリカ不戦条約
通称・略称 サアベドラ・ラマス条約
署名 1933年10月10日
署名場所 リオデジャネイロ
効力発生 1935年11月13日
失効 1948年4月30日
関連条約 ボゴタ憲章
テンプレートを表示

ラテンアメリカ不戦条約(ラテンアメリカふせんじょうやく、英語: Anti-war Treaty of Non-aggression and Conciliation)、またはサアベドラ・ラマス条約(サアベドラ・ラマスじょうやく、: Saavedra Lamas Treaty)は1933年10月10日リオデジャネイロで締結された、南アメリカ6か国(アルゼンチン、ブラジル、チリ、メキシコ、パラグアイ、ウルグアイ)の条約。

条約はアルゼンチン外相カルロス・サアベドラ・ラマスの提唱によるものであった。1934年8月10日にアメリカが条約に加入した後、1935年11月13日に条約が発効した。同年11月28日、国際連盟条約シリーズに登録された[1]

1948年4月30日に締結されたボゴタ憲章の第58条により失効した[2]

条約への反応[編集]

合衆国最高裁判所判事のロバート・ジャクソンは1941年3月27日の演説でラテンアメリカ不戦条約を「これまでの10年間、アメリカが法律の発展に対する最も重要な貢献」と形容した[3]

脚注[編集]