ラディボエ・マニッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラディボエ・マニッチ Football pictogram.svg
Radivoje Manić, 2012.jpg
名前
ラテン文字 Radivoje Manić
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1972-01-16) 1972年1月16日(45歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア セルビア
ピロト郡ピロト
身長 184cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション FW
代表歴
1997 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 1 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラディボエ・マニッチ(Radivoje Manić、1972年1月16日 - )は、セルビア出身のサッカー選手

来歴[編集]

1988-89シーズンにラドニツキ・ピロトでキャリアをスタートさせ、1990-91シーズンに1部リーグFKラドニツキ・ニシュに移籍。下部リーグのクラブを経て、1994-95シーズンには1部リーグで19ゴールを挙げた。

1996年に韓国の釜山大宇ロイヤルスに移籍。1年目から13ゴールを挙げ、2年目の1997年はリーグとふたつのリーグカップ優勝に貢献し、ベストイレブンにも選出された[1]。また1997年にはユーゴスラビア代表として、韓国で行われた韓国代表戦で国際Aマッチ初キャップを記録。韓国では「風の子(바람의 아들)」というニックネームを得た[2]

1998年はセレッソ大阪に期限付移籍。1999年に釜山に復帰し、2002年まで所属。

セルビア・モンテネグロのクラブを経て、2004年からは再び韓国の仁川ユナイテッドFCでプレーし、2005年4月に韓国国籍を取得した。韓国名には、発音がマニッチと似ている摩尼山に由来するマ・ニサン(마니산)という名前をつけた。しかし4人の子供をインターナショナルスクールに通わせるために必要となった一人あたり4万ドルという高額な学費の負担をクラブ側に求めたが受け入れられず、2005年9月に釜山を退団した[3]。Kリーグでの通算成績は205試合62得点39アシスト[3]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  • Radivoje Manić”. Fudbalska reprezentacija Srbije ::: FSS :::. 2009年10月6日閲覧。

関連項目[編集]