ラドムリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ラドムリロシア語: Радомль)は中世ルーシの都市である。

ラドムリは東スラヴの部族ラヂミチ族によってソジ川沿いに建設され、キエフ大公国政権下に組み込まれた。その後ムスチスラヴリ公国領を経てリトアニア大公国領となった。ラドムリは主要な交易中心地の1つであり、17世紀までは城が存在していたが、ロシア・ポーランド戦争(ポーランド史における大洪水時代)時に破壊された。現在は都市はなく、当時の都市の近くにラドムリャ村(ru)[注 1](現ベラルーシマヒリョウ州チャウスィ地区(ru))がある。

注釈[編集]

  1. ^ 「村」は意訳であり、厳密には、ベラルーシの行政区画では「аграгарадок(直訳:農業小都市)」と呼ばれる、村的居住地の一分類に相当する。詳しくはru:Агрогородокを参照されたし。

参考文献[編集]

  • Радомль // Богуславский В. В. Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия. В 2 тт. М.: ОЛМА-ПРЕСС, 2001. — 3200 с.