ラハフ・シャニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラハフ・シャニ

ラハフ・シャニLahav Shani, 1989年1月7日 -) は、イスラエル人指揮者ピアニスト

略歴[編集]

テルアビブ生まれ。同地のブッフマン・メータ音楽学校で最初の音楽教育を受けたのち、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンに進み、クリスティアン・エーヴァルトとファビオ・ビディーニ師事。エーヴァルトに指揮を、ビディーニからピアノを学んだ。また同大学在学中、シャニはダニエル・バレンボイムの謦咳に接している。2010年ズービン・メータのもとでイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の副指揮者。2013年、グスタフ・マーラー国際指揮者コンクール優勝。2016年よりウィーン交響楽団首席客演指揮者、2018年よりロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者を務める。2020年イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督に就任する(2019-20シーズンは「Music Director Designate」として活動する)[1]。2016年4月初来日。読売日本交響楽団を指揮した。

出典[編集]

  1. ^ Lahav Shani Named Music Director of the IPO”. The Israel Philharmonic Orchestra. 2019年2月14日閲覧。

参考資料[編集]


先代:
アンドレス・オロスコ=エストラーダ
ウィーン交響楽団
首席客演指揮者
2016-
次代:
 
先代:
ヤニック・ネゼ=セガン
ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
2018-
次代:
 
先代:
ズービン・メータ
(終身音楽監督)
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
2020-
次代: