ラパッロ条約 (1920年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イタリア領ザーラの地図

ラパッロ条約(ラパッロじょうやく、イタリア語: Trattato di Rapallo)、またはラパロ条約(ラパロじょうやく)[1]は、1920年11月12日[2]イタリア王国とセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(後のユーゴスラヴィア、以下ユーゴスラヴィア)との間でイタリアジェノヴァ近郊のラパッロで調印された条約。イタリア代表はジョリッティ首相、ユーゴスラヴィア代表はヴェスニッチ首相。

条約によれば、イタリアはイストリアをはじめザーラ/ザダル(Zara/Zadar)とケルソ島(Cherso、現在のツレス島)、ルッシーノ島(Lussino、現在のロシニ島)、ラゴスタ島(Lagosta、現在のラストヴォ島)、ペラゴーザ島(Pelagosa、現在のパラグルジャ島)などの島々を保有し、フィウーメ(現在のリエカ)はフィウーメ自由国英語版になるはずだったが[3]1924年1月27日に両国がローマ条約で確認した際にはフィウーメはイタリア領とされ[1]ダルマティアの他の地域[4]やスシャク(Sušak)がユーゴスラヴィア領とされた。

Paul N. Hehnによると、ラパッロ条約により、「イタリア国内に50万人のスラヴ人が残されたが、新生ユーゴスラビア国には数百人のイタリア人しかいなかった」という[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]