ラファエル・オルテガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ラファエル・オルテガ(Rafael Ortega、1950年9月25日 - )は、パナマ出身のプロボクサー。元WBA世界フェザー級チャンピオン。パナマシティ生まれ。

略歴[編集]

エル・ブルーホ(魔術師)とも呼ばれた変則の技巧派。オーソドックスだが元来は左利きで、左フックを得意とした。

1977年1月15日、アレクシス・アルゲリョの返上した王座をフランシスコ・コロナドと争い、15回判定勝ちでWBA世界フェザー級チャンピオンとなる。

同年5月29日に来日、沖縄でフリッパー上原の挑戦を受け、15回判定勝ちで初防衛を飾ったが、同年12月17日、セシリオ・ラストラを相手の二度目の防衛戦で敗戦、短命王者に終わった。


通算戦績[編集]

19勝(6KO)3敗3引分け