ラファエル・ゲレイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はジョゼ第二姓(父方の)はゲレイロです。
ラファエル・ゲレイロ Football pictogram.svg
Russia-Portugal CC2017 (9) (cropped).jpg
ポルトガル代表でのゲレイロ (2017年)
名前
本名 ラファエル・アデリーノ・ジョゼ・ゲレイロ
Raphaël Adelino José Guerreiro
ラテン文字 Raphaël Guerreiro
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
フランスの旗 フランス
生年月日 (1993-12-22) 1993年12月22日(25歳)
出身地 ル・ブラン=メニル
身長 170cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
ポジション DF (LSB) / MF (CMF)
背番号 13
利き足 左足
ユース
1999-2005 フランスの旗 ブラン=メニル
2005-2008 フランスの旗 クレールフォンテーヌ
2008-2012 フランスの旗 カーン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2012 フランスの旗 カーン B 55 (4)
2012-2013 フランスの旗 カーン 37 (1)
2013-2016 フランスの旗 ロリアン 102 (10)
2016- ドイツの旗 ドルトムント 51 (9)
代表歴2
2013- ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 13 (0)
2014- ポルトガルの旗 ポルトガル 34 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月31日現在。
2. 2019年6月9日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラファエル・ゲレイロRaphaël Adelino José Guerreiro, 1993年12月22日 - )は、フランスル・ブラン=メニル出身のサッカー選手ドイツブンデスリーガボルシア・ドルトムント所属。ポジションはDFMFポルトガル代表

クラブ経歴[編集]

SMカーン[編集]

2005年にフランスの国立サッカー施設であるクレールフォンテーヌ国立研究所へ入団し、2008年にSMカーンの下部組織へ加入。2010年にBチームへ昇格し2年間で55試合に出場。Bチームでの活躍が評価され、2012年にトップチームへ昇格した。

FCロリアン[編集]

2013年にFCロリアンへ移籍。加入1年目の2013-14シーズンから左SBのレギュラーとしてプレーしている。

ドルトムント[編集]

2016年6月16日、ボルシア・ドルトムントへの移籍が発表された[1]。2016-17シーズンはマルセル・シュメルツァーの存在もあり、本来の左サイドバックではなくインサイドハーフとして起用され、リーグ戦で23試合6得点を記録した。

代表歴[編集]

2014年11月7日に負傷離脱したジョゼ・ボシングワの代役としてポルトガル代表に初招集[2]11月14日に行われたEURO2016予選アルメニア戦で代表デビューを果たし、4日後の11月18日に行われたアルゼンチンとの親善試合で代表初得点を記録した。

UEFA EURO 2016では、大会前に長期離脱を強いられたファビオ・コエントランに代わり左サイドバックのレギュラーを確保し、準々決勝のポーランド戦を除く6試合にフル出場。決勝のフランス戦でも先発出場を果たし、ポルトガル史上初となるEURO制覇に貢献。大会のベストイレブンにも選出された[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン リーグ リーグ大会 国内大会 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
SMカーン 2012–13 37 1 2 0 1 0 0 0 40 1
ロリアン 2013–14 34 0 0 0 0 0 0 0 34 0
2014–15 34 7 1 0 1 0 0 0 36 7
2015–16 34 3 1 0 5 0 0 0 42 3
ドルトムント 2016–17 24 6 0 0 - - 6 1 29 7

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ドルトムント

代表[編集]

ポルトガル代表

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


ポルトガル代表国際Aマッチ
出場得点
2014 2 1
2015 1 0
2016 13 1
2017 4 0
2018 10 0
2019 4 0
通算 34 2

ゴール[編集]

脚注[編集]