ラファエル・ドゥダメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はドゥダメル第二姓(母方の)はオチョアです。
ラファエル・ドゥダメル Football pictogram.svg
RAFAEL DUDAMEL (35368702414).jpg
2017年のドゥダメル
名前
本名 ラファエル・エドガル・ドゥダメル・オチョア
Rafael Edgar Dudamel Ochoa
愛称 El Chamo
El Libertador
ラテン文字 Rafael DUDAMEL
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
生年月日 (1973-01-07) 1973年1月7日(46歳)
出身地 バルキシメト
身長 187cm
体重 83kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
ユース
1989-1993 ベネズエラの旗 ウニベルシダ・ロス・アンデス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1994 ベネズエラの旗 ウニベルシダ・ロス・アンデス
1994 コロンビアの旗 アトレティコ・ウイラ
1994 ベネズエラの旗 エル・ヴィギア
1995-1997 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・サンタフェ 88 (3)
1997-1998 ベネズエラの旗 アトレティコ・スリア 18 (1)
1998 アルゼンチンの旗 キルメス 17 (1)
1998-2001 コロンビアの旗 デポルティーボ・カリ 142 (11)
2001-2002 コロンビアの旗 ミジョナリオス 20 (0)
2002-2004 ベネズエラの旗 マラカイボ 35 (2)
2004 コロンビアの旗 コルトゥルア 17 (0)
2005 ベネズエラの旗 デポルティーボ・タチラ 14 (0)
2005-2006 南アフリカ共和国の旗 マメロディ・サンダウンズ 7 (0)
2007 ベネズエラの旗 エストゥディアンテス・デ・メリダ 20 (3)
2007-2008 コロンビアの旗 アメリカ・デ・カリ 11 (0)
2008-2009 ベネズエラの旗 エストゥディアンテス・デ・メリダ 15 (0)
代表歴2
1993-2007 ベネズエラの旗 ベネズエラ 56 (1)
監督歴
2010-2011 ベネズエラの旗 エストゥディアンテス・メリダ
2012-2013 ベネズエラの旗 ベネズエラ U-17
2014-2015 ベネズエラの旗 デポルティーボ・ララ
2015- ベネズエラの旗 ベネズエラ U-20
2016- ベネズエラの旗 ベネズエラ
1. 国内リーグ戦に限る。2016年6月11日現在。
2. 2016年6月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラファエル・ドゥダメルRafael Edgar Dudamel Ochoa, 1973年1月7日 - )は、ベネズエラララ州バルキシメト出身の元ベネズエラ代表サッカー選手。現指導者。現在は同国代表の監督を務めている。

現役時代[編集]

1989年に16歳でプロデビュー。当時南米最弱と酷評されていたベネズエラのサッカー界においては、1990年代後半にデビューしたフアン・アランゴと並んで数少ないワールドクラスの選手として活躍。コロンビアアルゼンチンでもプレーし、GKながらフリーキックコーナーキックも任された[1]。2005年には南アフリカでもプレー[2]。2008年までプレーした後引退した[3]

ベネズエラ代表[編集]

1993年にベネズエラ代表に招集され、ジルベルト・アンヘルッチとポジションを争った[4]。1996年10月の1998 FIFAワールドカップ南米予選のアルゼンチン戦では、フリーキックからゴールも決めた[5]

監督歴[編集]

2010年からベネズエラ・プリメーラ・ディビシオンのチームの監督やユース世代の代表監督を務め、2016年4月に2018 FIFAワールドカップ南米予選で1分5敗と出遅れ、解任されたノエル・サンビセンテの後任としてベネズエラ代表の監督に就任。2016年6月のコパ・アメリカ・センテナリオでは、同国代表を決勝トーナメントに導いた。更に2017 FIFA U-20ワールドカップでは、これまでのFIFA主催の国際大会に置けるベネズエラ代表の最高順位となる準優勝に導き、コパ・アメリカ2019でも決勝トーナメントに進出。同国代表監督として最多勝監督となった[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]