ラファエル・バティスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバティスタ第二姓(母方の)はサンチェスです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ラファエル・バチスタ
ラファエル・バティスタ
Rafael Batista
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サンペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1947-10-20) 1947年10月20日
没年月日 (2008-10-25) 2008年10月25日(61歳没)
身長
体重
185 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1965年 ミルウォーキー・ブレーブスと契約
初出場 MLB / 1973年6月17日
NPB / 1975年6月3日
最終出場 MLB / 1975年4月27日
NPB / 1975年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ラファエル・バティスタ・サンチェスRafael Batista Sánchez1947年10月20日 - 2008年10月25日)は、ドミニカ共和国サンペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身の元プロ野球選手内野手)。左投左打。

ロッテ時代の登録名は「バチスタ」。

経歴[編集]

サンペドロ・デ・マコリス高校卒業後の1965年ミルウォーキー・ブレーブスと契約し、1967年のマイナーリーグドラフトでヒューストン・アストロズに指名されて移籍。1973年6月17日カージナルス戦(アストロドーム)の9回表にリー・メイの守備固めとして一塁手を務め、メジャーデビューを果たす。1974年のメジャー昇格は無かったが、1975年にメジャー再昇格し、主に代打で出場する。1975年シーズン途中、成績不振のため解雇されたジミー・ロザリオに代わってビル・マクナルティと共にロッテオリオンズに入団[1]6月3日南海戦(大阪)に初出場し、江本孟紀から初打席本塁打を放ってデビューを飾った[1]。その後は期待外れに終わり、3本塁打と不振でシーズン終了後に退団。1976年からはメキシカンリーグでプレーし、引退する1984年まで4チームにわたってプレーした。

2008年10月25日サントドミンゴで死去。61歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1973 HOU 12 16 15 2 4 0 0 0 4 2 0 0 0 0 1 1 0 6 0 .267 .313 .267 .579
1975 10 10 10 0 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .300 .300 .400 .700
ロッテ 48 147 137 12 28 9 0 3 46 13 1 0 1 1 5 0 3 26 2 .204 .247 .336 .582
MLB:2年 22 26 25 2 7 1 0 0 8 2 0 0 0 0 1 1 0 10 1 .280 .308 .320 .628
NPB:1年 48 147 137 12 28 9 0 3 46 13 1 0 1 1 5 0 3 26 2 .204 .246 .336 .582

記録[編集]

NPB
  • 初出場・初先発出場:1975年6月3日、対南海ホークス前期8回戦(大阪スタヂアム)、3番・一塁手として先発出場
  • 初打席・初安打・初本塁打・初打点:同上、1回表に江本孟紀から左越先制決勝3ラン ※史上10人目の初打席初本塁打

背番号[編集]

  • 8 (1973年)
  • 20 (1975年 - 同年途中)
  • 1 (1975年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ a b 【6月3日】1975年(昭50) ロッテ来日6日目の新助っ人が3、4番 上々デビューも…”. スポーツニッポン (2010年6月3日). 2012年6月3日閲覧。

関連項目[編集]