ラファエル・マトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラファエル・マトス
Raphael Matos
Raphael Matos Indy 2011.JPG
インディアナポリス・モーター・スピードウェイで、2011年。
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1981-08-28) 1981年8月28日(37歳)
出身地 ミナスジェライス州ベロオリゾンテ
IndyCar Seriesでの経歴
デビュー 2009
所属 AFS Racing
車番 17
過去所属 de Ferran Dragon Racing
出走回数 34
優勝回数 0
ポールポジション 0
シリーズ最高順位 13th (2009)
過去参加シリーズ
2008
2006-2007
2006-2007
2004-2005
2002-2003
Firestone Indy Lights
Champ Car Atlantic Series
A1 Grand Prix
Star Mazda Series
Skip Barber Formula Dodge Series
選手権タイトル
2008
2007
2005
2003
Firestone Indy Lights Series
Champ Car Atlantic Series
Star Mazda Series
Skip Barber Formula Dodge
受賞
2009 IndyCar Series Rookie of the Year

ラファエル・マトス(Raphael Matos、1981年8月28日 - )はブラジルのレーシングドライバーである。

人物[編集]

  • 地元でカートから始まり、2001年にはジュニア・フォーミュラでタイトルを獲得した。
  • 2002年アメリカに渡り、2006年から2年間チャンプカー・アトランティックに参戦した。(2006年には4位、2007年にはチャンピオンとなった。)
  • 2008年にはインディ・ライツでチャンピオンとなった。

インディカー・シリーズ[編集]

2009年にインディ・ライツからステップアップし、インディカー・シリーズにルクソー・ドラゴン・レーシングから参戦した。 第2戦のロングビーチで予選3位に入り、決勝でも8位でフィニッシュした。

第4戦インディ500ではルーキー最高位の予選12番手を獲得すると、決勝ではポジションを上げトップ5圏内を走行する場面もあった。レース後半に他車のクラッシュによってイエローコーションが出た際には、イエローが解除される直前にピットに入り、ただ一人ゴールまで走れるだけの燃料を積んでいた。そのため、レース展開次第では優勝する可能性もあったが、レース再開後にヴィトール・メイラを交わそうとした際に接触し両者共にリタイアした。このクラッシュの怪我で相手のメイラは今シーズンのその後のレースを欠場することになった。

年間を通した成績では予選最高位3位、決勝最高位6位、トップ10フィニッシュ8回を記録して312ポイントを獲得、ランキング13位に入り、元F1ドライバーのロバート・ドーンボスらを抑えてルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

2010年はド・フェラン・ルクソー・ドラゴン・レーシングから参戦。 開幕戦のサンパウロでは、これまでの自己最高を更新する4位でフィニッシュした。第9戦のワトキンスグレンでも4位フィニッシュを果たした。この年は2回の4位フィニッシュを含む4回のトップ10フィニッシュを記録し、シリーズランキングは14位だった。

2011年はAFSレーシングより開幕戦から第5戦インディ500まで参戦したが、インディ500では予選落ちに終わった。