ラファエル・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマーティン第二姓(母方の)はロメロです。
ラファエル・マーティン
Rafael Martin
サルティーヨ・サラペメーカーズ #58
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡サンフェルナンド英語版
生年月日 (1984-05-16) 1984年5月16日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 サルティーヨ・サラペメーカーズと契約
初出場 2015年4月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ラファエル・マーティン・ロメロRafael Martin Romero, 1984年5月16日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡サンフェルナンド英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。2019年現在は、メキシカンリーグサルティーヨ・サラペメーカーズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

生まれはアメリカだが、少年時代は7年生時までメキシコで過ごしている[1]。高校時代はMLBドラフトでは指名されず、卒業後は建築関係の仕事などで生計を立てていた。

メキシカンリーグ時代[編集]

2007年にトライアウトを経てメキシカンリーグサルティーヨ・サラペメーカーズと契約し、2009年までプレーした。

ナショナルズ時代[編集]

2010年ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。この年は傘下のAA級ハリスバーグ・セネターズでプレーし、47試合に登板して5勝4敗・防御率3.61・58奪三振の成績を残した。

2011年はA+級ポトマック・ナショナルズとAA級ハリスバーグでプレーし、2球団合計で38試合に登板して5勝1敗13セーブ・防御率1.65・54奪三振の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2012年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズ、AA級ハリスバーグ、AAA級シラキュース・チーフスでプレーし、3球団合計で30試合に登板して1勝0敗・防御率6.69・33奪三振の成績を残した。

2013年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズとA+級ポトマックでプレーし、2球団合計で21試合に登板して0勝0敗2セーブ・防御率0.87・39奪三振の成績を残した。

2014年はA+級ポトマック、AA級ハリスバーグ、AAA級シラキュースでプレーし、3球団合計で38試合に登板して1勝2敗11セーブ・防御率1.39・66奪三振の成績を残した。

2015年は招待選手としてメジャーのスプリングトレーニングに参加[2]。開幕はAAA級シラキュースで迎えたが、4月14日にメジャー契約を結んで25人枠入りする[3]と、翌15日のボストン・レッドソックス戦でメジャーデビュー[4]。この試合では2回を無失点、5者連続奪三振をマークしているが、30歳以上の救援投手がデビュー戦で5奪三振は歴代初の記録である[5]。この年メジャーでは13試合に登板して2勝0敗・防御率5.11・25奪三振の成績を残した。

2016年は8試合に登板して0勝0敗・防御率2.45・5奪三振の成績を残した。オフの11月2日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」のメキシコ代表に選出された[6]

2017年はマイナー・オプションでAAA級シラキュースに所属していたが、6月5日にDFAとなり40人枠から外れ、9日にマイナー契約で改めてAAA級シラキュースに配属された[7]

メキシカンリーグ復帰[編集]

2018年3月27日にメキシカンリーグのサルティーヨ・サラペメーカーズと契約した[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 WSH 13 0 0 0 0 2 0 0 0 1.000 56 12.1 12 4 5 0 1 25 0 0 9 7 5.11 1.38
2016 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 3.2 0 0 1 0 0 5 0 0 1 1 2.45 0.27
通算:2年 21 0 0 0 0 2 0 0 0 1.000 68 16.0 12 4 6 0 1 30 0 0 10 8 4.50 1.13
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 52 (2015年)
  • 53 (2016年 - 2017年6月)

脚注[編集]

  1. ^ Jorge Castillo (2016年9月24日). “For American-born players with Latin heritage, identity is complicated”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/sports/nationals/for-american-born-players-with-latin-heritage-identity-is-complicated/2016/09/24/5e4bb0f2-8194-11e6-a52d-9a865a0ed0d4_story.html 2017年1月14日閲覧。 
  2. ^ James Wagner (2015年3月24日). “Rafael Martin is turning heads with his slider”. Washington Post. 2017年1月14日閲覧。
  3. ^ http://www.masnsports.com/masn-news-information/2015/04/nationals-select-contract-of-right-hander-rafael-martin.html
  4. ^ April 15, 2015 Washington Nationals at Boston Red Sox Box Score and Play by Play”. Baseball Reference. 2017年1月14日閲覧。
  5. ^ 「2015メジャーデビュー全254選手リスト」『月刊スラッガー』2016年3・4月合併号 日本スポーツ企画出版社 54頁
  6. ^ Tres melenudos rugirán en Tokio The Official Site of The Mexican League (スペイン語) (2016年11月2日) 2017年1月14日閲覧
  7. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年6月27日閲覧。

関連項目[編集]