ラフ・カット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラフ・カット(Rough Cutt)は1980年代に活動したアメリカ合衆国カリフォルニア州出身のヘヴィメタルバンド。

来歴[編集]

1980年代初期にサンディエゴで結成される。当初はジェイク・E・リーが在籍していたが、メンバー・チェンジが続き、アミア・デラク加入後、ワーナー・ブラザース・レコードからメジャー・デビュー・アルバム『ラフ・カット』(1985年)を発表した。2枚のアルバムを発表した後、ポール・ショーティノがバンドを脱退してクワイエット・ライオットに加入した。ペリモア・マッカーティ(元ウォリアー)が一時的に在籍するが、ほどなく解散。アミア・デラクは、後にオージーで活動。

1996年には、1980年代のライヴ音源を中心に収録した『Rough Cutt Live』が発表された。その後、ポール・ショーティノは新メンバーを加え、ラフ・カットを再結成させた。

在籍したメンバー[編集]

第一期

第二期

  • ポール・ショーティノ(ボーカル)
  • クレイグ・ゴールディ(ギター)元ジェフリア、後にディオに加入。
  • クリス・ヘイガー(ギター)
  • マット・スロール(ベース)
  • デイヴ・アルフォード(ドラム)

第三期

  • ポール・ショーティノ(ボーカル)
  • アミア・デラク(ギター)後にオージーに加入。
  • クリス・ヘイガー(ギター)
  • マット・スロール(ベース)
  • デイヴ・アルフォード(ドラム)

第四期

ディスコグラフィ[編集]