ラブコメディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ラブコメディは、ロマンティック・コメディ: romantic comedy)を意味する和製英語[1]。略称はラブコメ

語源[編集]

「ラブコメディ」や「love comedy」は和製英語である。英語圏のromantic comdyに該当するものであるがromantic comedyが多義的に用いられるのと同様にlove comedyとされる作品にも多様な類型・形態がある。なお中国語ではロマンティック・コメディのことは「愛情喜劇」と呼んでいる。

概要[編集]

作品ジャンルのひとつで、恋愛を主題にしたコメディ(喜劇)を呼ぶための日本での呼びかた。漫画アニメ小説演劇映画ドラマ 等に多くの作品がある。

世界的にロマンティック・コメディの歴史は長くシェークスピア(1564年 - 1616年)の時代から存在しており、現代では映画やテレビドラマなどがさかんに作られている。日本では漫画やアニメといった媒体で恋愛を主題にした作品が人気を博し、1970年代から「ラブコメディ」「ラブコメ」という用語が用いられるようになった。

日本の漫画のラブコメディはシチュエーション・コメディの要素を積極的に取り込み、現実にありそうな日常の設定の一部分を極端に逸脱した状況を仮想設定したうえで主人公の恋愛関係に焦点をあて、毎回異なった状況下で周囲を巻き込んだ事件や混乱が繰り返されるドタバタ喜劇(スラップスティックコメディ)的要素の強い作品が主流を占める[要出典]。「コメディ」(喜劇)とあるように本来ラブコメディと称される作品はギャグ的要素の強いスラップスティックコメディやシチュエーションコメディをベースとする作品を指していたが、実際にはコメディ要素がほとんど見られないストーリー性の強い青春活劇をベースとする作品まで幅広く「ラブコメディ」と呼称されている。

恋愛や明るさ・ハッピーエンドという要素を含んでいるという点では共通しており、少しでもこれらの要素が含まれていればラブコメディの範疇に含める場合もある。コメディ要素の強めなラブコメディには、パロディとの親和性も高いものもある。

歴史[編集]

日本の少女漫画の世界では、特に1969年1970年に原作が連載された『おくさまは18歳』が、ドタバタ喜劇的要素を伴った恋愛漫画として早い時期のもので、典型的なスタイルを生み出した作品とされる。

「ラブコメ」という和製英語が広まったのはもう少し後の話であり、1970年代の終わりから1980年代の前半にサンデーの『うる星やつら』(高橋留美子、1978 - 87年連載)、ビッグコミックの『みゆき』(あだち充1980年 - 1984年連載)、マガジンの『翔んだカップル』(柳沢きみお、1978 - 81年連載)などの作品のヒットによって少年漫画の世界にも近似の手法が確立した時代に、「ラブコメ」という略称とともに広く一般に定着した。サンデー(小学館)などは後述の『タッチ』等ラブコメ作品が多めで、「ラブコメ路線」とも呼ばれた。

分類の曖昧性[編集]

作品によっては、格闘スポーツなどの他の要素が融合している場合もある(たとえば『うる星やつら』(SFとラブコメの融合)や、『タッチ』『YAWARA!』(野球・柔道とラブコメの融合)や、『らんま1/2』(格闘とラブコメの融合)など)。また、他のテーマを主題とする作品や他ジャンル作品において、作品に明るい雰囲気を付けるためにラブコメ的要素を持ち込む場合もある。

なお、恋愛を主題としていても、笑える要素(コメディ要素)が若干含まれている程度だったりそれがあまりに薄いと、基本的には恋愛漫画に分類され、ラブコメには分類されない。(たとえばジャンプの『きまぐれオレンジ☆ロード』などは、恋愛や色気要素が多いが、明るく軽めなノリではあってもコメディ要素は薄い。恋愛漫画に分類されることはあるが、ラブコメに分類する人は少ない。そもそもこの作品はジャンル分けが曖昧である)。

日本のアニメ[編集]

日本のテレビドラマ[編集]

日本の小説[編集]

作品例[編集]

日本製の、恋愛を主題にした喜劇を、挙げる。一部のみを例示する(網羅的にはしない。五十音順)。

漫画[編集]

小説[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [1]