ラブプラスプロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラブプラスプロダクションLOVEPLUS PRODUCTION)は、かつて存在したコナミデジタルエンタテインメント所属のゲームクリエイター内田明理が率いていた、ゲームソフト開発チームである。

小島プロダクションなどと同様、コナミデジタルエンタテインメントの社内プロダクションとして「学園」「恋愛」「コミュニケーション」をテーマにした作品を手がけていた。

沿革[編集]

  • 2010年12月23日 - ラブプラスのクリスマスイベント「メリープラスマス2010」上にて設立を発表[1][2]
  • 2015年3月15日 - 内田がコナミデジタルエンタテインメントを退社。箕星太朗(ミノ☆タロー)も2月に退社していた[3]
  • 2015年3月16日 - 前述の内田とミノ☆タローの退社やコナミデジタルエンタテインメントの機構改革により、ラブプラスプロダクションは解散し制作本部に編入された[4]。なおラブプラスシリーズとGirls Sideシリーズについては新体制の下で制作を継続すると発表しており[5]、2017年8月、スマートフォン向けタイトル『ラブプラス EVERY』の始動が発表された[6]

開発タイトル一覧[編集]

ラブプラスシリーズ[編集]

  • ラブプラス
  • ラブプラス+
  • ラブプラス アーケード カラフル Clip
  • ラブプラス MEDAL Happy Daily Life
  • NEWラブプラス
  • NEWラブプラス+

Girl's Sideシリーズ[編集]

とんがりボウシシリーズ[編集]

ソーシャルゲーム[編集]

脚注[編集]