ラブ・ストーリーを君に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラブ・ストーリーを君に
監督 澤井信一郎
脚本 丸山昇一
原作 ディディエ・ドゥコワン
出演者 後藤久美子
仲村トオル
三田佳子
緒形拳
音楽 朝川朋之
主題歌 財津和夫
「ラブ・ストーリーを君に」
撮影 仙元誠三
編集 西東清明
製作会社 東映東京[1]
オスカープロモーション
配給 東映
公開 日本の旗 1988年3月5日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億円[2]
テンプレートを表示

ラブ・ストーリーを君に』(ラブ・ストーリーをきみに)は、1988年公開の日本映画東映東京撮影所オスカープロモーション製作、配給東映。原作はディディエ・ドゥコワンの『眠れローランス』[3]後藤久美子の映画デビュー作[4]

概要[編集]

白血病に侵された少女が元家庭教師(大学山岳部員)の青年に見守られて残された生命を燃やすラブストーリー[5]後藤久美子仲村トオルのダブル主演。後藤・仲村とも役の設定と当時の学年が同じ(後藤は中学2年、仲村は大学4年)であり、等身大の演技を披露した。後藤久美子はこの作品で中学二年生にして映画デビュー。また、それまで非行少年役が多かった仲村トオルはこの作品で同世代の青年を演じ、新境地を開拓したと評価された[6]

あらすじ[編集]

主人公の由美は新体操の好きな中学2年生。両親は離婚し、母親(佐藤友美)が料理教室で働きながら由美を育てている。しかし、それでも明るさを失わない活発な少女であった。だが、由美は白血病にかかり、生命予後不良を宣告されてしまう。由美の元家庭教師で大学山岳部員の明(仲村トオル)は由美の母親や主治医(露口茂)に乞われ、しばしば由美の元を訪ねるように。だが、すでに死を覚悟していた由美はそんな周りの人々のやさしさに苛立ちを覚え始め……。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

企画[編集]

東映系列のセントラル・アーツ代表(社長)・黒澤満プロデューサーが、1980年頃から映画化を熱望し[7]、脚本家の丸山昇一に「この原作(『眠れローランス』)を読んでくれ」と原作本を渡し脚本化を頼んでいた[7]。その後も毎年春になると「ローランス、やりたいな」と丸山にボソッと言っていたが[7]、丸山は"難病もの"が好きでなく、またこのような企画が東映で通るはずもなく乗り気でなかった[7]。しかし年々、黒澤が実績を積み上げ、東映内で影響力を強めていくうち[8]、地味でオーソドックスな話ではあったが、興行的にも成功が期待できるキャスティングを得られたことで、岡田茂東映社長より製作GOの指示が出た[7]

キャスティング[編集]

仲村トオルは、当時黒澤プロデューサーが代表を務めるセントラル・アーツ所属の俳優で[9]、黒澤がマネジメントを担当し『ビー・バップ・ハイスクール』で人気俳優になってはいたが、不良役だけでなく、幅広い役柄をこなせる役者になって欲しくて『あぶない刑事』や『紳士同盟』などに起用していた[7][10][11]。本作の大学生役は大変地味だが起用を決めた[7]

まず後藤久美子主役ありきの企画である[12]。黒澤はオスカープロモーション古賀誠一社長と知り合いで、後藤のデビュー時から注目していた[12]。古賀社長の方から黒澤に「久美子の映画をやりたいのだが」と相談を受け、構想していた『眠れローランス』企画が一気に進んだ[12][13]。この段階では、後藤は「国民的美少女」として人気は爆発していたが、まだテレビドラマが少しとCMグラビアの仕事が主で実績はまだなかった[12][13]

脚本[編集]

脚本のクレジットは丸山昇一単独であるが、実際は丸山と監督の澤井、プロデューサーの伊藤亮爾の三人で、脚本の構成、ハコ作りが、ほぼ毎日、一ヶ月以上かけて行われた[12]松田優作主演による一連のアクション作品の脚本で知られる丸山は[14]ニューシネマが好きで、最初に薄汚く屈折した青年と、はねっかえりな少女に設定を変えて脚本第一稿を提出したが黒澤につき返された。黒澤は本作を毒を持った人間が一人も出ない映画を基本に考えていた[7]。原作は文学としても映画としても面白みがなく、澤井が黒澤に聞くと「ストーリーはつまらん。これを映画にするつもりはない。面白いのは訳者のあとがきの数行で、これで今までとは違う難病ものに出来ると思う」と伝えた。原作は1977年角川文庫から出ており、訳者の長島良三は「13歳の娘が白血病で数ヶ月後に確実に死ぬとしたら親たちはどうするだろうか?ある親は世界一周の旅に連れていくかもしれないし、ある親は娘のために最後のコンサートを開いてやるかもしれない。『眠れローランス』の母親は娘に恋というものを味わわせてからこの世に別れを告げさせたいと思う」などと書かれていた。それまでの難病もの『クリスマス・ツリー』や『ラストコンサート』『別れのこだま』など、親は仕事も何もかも捨てて、子供に付き合い、やりたいことを精一杯与えて死を迎えさせるという結末が多かった。これら過去の作品のベトベトした描写はやめようというところから出発。死ぬということを認めない盲信的なドラマではなく、半年後の死を受け入れ、逆に半年間をどうしてやれるだろうかと考えた人たちの物語に設定すれば、多少は今までと違った難病映画ができるのではないかと話し合った[15]。ベタベタした肉親のスキンシップより恋を持ち込んだ設定は新鮮に感じ、当時14歳、中学2年の後藤久美子の年齢を考えると、恋したことのない少女が与えられた恋を本当の恋として死んでいくのは、ぴったりの設定と考えた[12]。原作の人物配置を変えていないが、母親の職業をグルメブームの初期だったこともあり、料理学校の先生に、後藤を新体操の選手にするなど、当時の流行を取り入れている。後藤が恋する設定の相手は、先に仲村が決まっていたため、仲村の年齢に合わせで、年上の大学生、小学校時代の家庭教師で、娘が慕っていたという設定に決めた。余命半年だと東京を中心とした自宅と病院を中心としたドラマになり、物語の幅が広がらないため、二人で山に行くというシーンを考え、仲村を山岳部の部員にした。丸山の意見は澤井と伊藤にほぼ却下されたというが、本作を切っ掛けに「今まで鼻も引っかけなかった映画評論家ジャーナリストなどから褒められるようになり、今まで来なかったカタいところから、仕事の打診が来るようになった」と話している[7]

撮影[編集]

1987年8月6日クランクイン、同年10月中旬まで撮影[5]。スター映画らしく、後藤久美子にフルートを吹かせたり、和服浴衣レオタードを着せたり、打てる手は打った[13][16]。但し、難病映画に必ずあるパジャマ姿はない。後藤は目力が強く、澤井が演技を説明するとき、顔をぐっと近づけてきて、間近で見ると引き込まれるほど綺麗で、慌てて顔を引くようなこともあったと話している[16]。 

ロケ地[編集]

ラストシーンは1987年9月、西穂山荘を拠点に西穂高岳独標~西穂山荘間で撮影された[5][16]。他に軽井沢など[16]。 

主題歌[編集]

ラブ・ストーリーを君に
財津和夫シングル
初出アルバム『Z氏の悪い趣味』
B面 サボテンの花
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 財津和夫
チャート最高順位
財津和夫 シングル 年表
償いの日々
1987年
ラブ・ストーリーを君に
(1988年)
太陽のゴール
(1988年)
テンプレートを表示
財津和夫「ラブ・ストーリーを君に」

主題歌は当時、後藤久美子と同じレコード会社だったチューリップ財津和夫が担当。前年12月発売のソロ・アルバム『Z氏の悪い趣味』からのシングル・カットだった。

シングル収録曲[編集]

  1. ラブ・ストーリーを君に
  2. サボテンの花

※いずれも作詞・作曲:財津和夫、編曲:京田誠一

劇中歌[編集]

ディナーショーのシーンで、岸洋子が「さくらんぼ実る頃」を歌唱。岸は当時闘病中であったがそれを押して出演した。脚本段階ではアポリネールミラボー橋」の歌詞が作品世界によく合い、金子由香利語りでやっていた「ミラボー橋」が大変いいので、金子に交渉したら「映画、テレビ、ラジオには一切出ないので」と断られた[16]。しかし金子は撮影が行われた1987年暮れの「紅白」に出場している。他の挿入歌リトル・リチャードHey-Hey-Hey-Hey!」など[1]

評価[編集]

  • 山根貞男は「これまで数多くあった難病ものドラマは、ほとんど例外なく、不治の病いをめぐって、苦しさや恐ろしさや悲しさが、映画ならではの描写力の直接性を生かして、生理的に痛々しく描かれ、その生々しさによって見る者を泣かせた。しかし本作にはそのような描写は必要最小限に抑えられ、これまでの難病ものとは決定的なまでに一線を画している。難病を生理的に描き出すかわりに、白血病の少女をめぐって、周りの人々が死というものをどのように考え、それをどう対処しようとするかが、ドラマとして展開される。死をどう考えるか。まさしくそれは観念の営み以外何者でもない。死ぬと分かった少女に、人間の心の最も豊かな営みとしての恋を体験させ、その後に死なせてやろうとする。それは観念としての死を観念として恋でくるみ込み、乗り越えてゆく闘いのドラマにほかならない。これほど強烈に観念的な映画がそうそうあるだろうか。わたしはその徹底ぶりに感嘆し、深く感動した」などと評価した[17][18]
  • 寺脇研は「澤井信一郎監督はデビュー作『野菊の墓』を始め、いずれも感情のむやみな高揚より抑圧された恋情のひそやかな発露ばかりを描こうとしていた。その基本スタイルが、少女を主人公にした難病ものという題材を得ても忽せにされていないのは、けだし当然のことといえる。丸山昇一脚本もこのスタイルに律儀に付き合って、足を踏み外さずにきっちりと感情の斜面を下っていく。作者たちは対象に過度に没入することを避け、距離を置いて悲劇を見つめる。あくまで正攻法の芝居運びといい、頑固にズームを使わずゆったり対象に近づき離れるカメラワークといい、感傷の勝った甘美な音楽といい、一見通俗風の語り口でありながら、その実、冷静に、格調高く、ひとつの若い生命の喪失が見つめられる。人と人とが愛し合い、そして死がそれを引き裂くことのいたましさをくっきりと心に焼き付けてくれる一作」などと評した[19]
  • 秋本鉄次は「それにしても"白血病"とはずいぶん古い引き出しを持ち出して来たものだ。アイドルを難しくこね回すよりも、ストーリーはなるべくシンプルに、古典的にした方がいいのは定石とはいえ、古色蒼然は否めない。白血病に限らず、難病物は、以前ほど受けなくなった。邦画では1984年の『チーちゃんごめんね』あたりが最後だろう。吉永小百合浜田光夫の純愛コンビで紅涙を絞った『愛と死をみつめて』の昔ではないのだ。映画の希求力は色褪せており、現実の夏目雅子の死のインパクトには遠く及ばない。ひょっとしたら、"難病物"というのは最も映画化に不向きな題材とすら思う。難病物の主人公が大抵女性、しかも美しいヒロインをことさら病魔で彩ることで悲劇性を煽る発想もわざとらしくて嫌いだった。それが幼気な少女であればあるほど、少女嫌いのぼくは鼻白んで来た。ところが『ラブ・ストーリーを君に』を見終わったあとは、何ともすがすがしい気分になった。この"重ハンデ"の奇跡の如く克服は一体なぜだろう。まず難病物のルーティンの克服が挙げられる。親族や関係者たちの必要以上の泣き、延々と続く病床シーンというパターンをほとんど排している。いわゆる"クオリティ・オブ・ライフ"。死が遠くない将来に確実に待っている宿命の人間にとっての残り時間の生き甲斐を、これほど堂々と打ち出したのは初めてだろう。初の本格的"ホスピス"映画とでもいうべきか。さて肝心のヒロインが脆弱では、この毅然たる作品は腰砕けになってしまうが、その点、後藤久美子は、伝聞する"生意気ぶり"も相乗して、実に前のめりに胸を張った少女を好演する。いたいけな難病少女ではなく、"死ぬことなんかもう恐くない"と虚勢を張るにふさわしい力強さを感じる。小泉今日子に匹敵するほどハキハキとした台詞のキレ、鼻からタラリと血を流してもルックスの美が崩れないというのも大物感たっぷりで、世のゴクミストを酔わせているのも納得がいく。命ギリギリまで、諦念を秘めた奔放さで動き回るヒロインを、ドーンと受け止めるのが仲村トオル。『ビー・バップ・ハイスクール』で暴れるのと勝手が違って、もっぱら受けの芝居だが、これがとてもいい。10歳近くも年下の少女には恋愛感情などあるはずもなく、"好意"ではなく"厚意"があるだけだが、時折り、不釣り合いで、ギクシャクしたやりとりになるのが新鮮な緊張感を生む。これまでの難病物は夫婦か恋人同士という強い絆無しでは成立しないかのようだったが、死を避けられない人間に対して、第三者が関わり合える限界ギリギリまで映画は描く。"ラブ"をではなく、"ラブ・ストーリー"を君にというタイトルはなかなか意味深と言える。クライマックスは商業映画の必須として"泣かせ"も用意してあるが、それまでの抑制が効いているから、自然と涙腺が刺激されてしまう。この辺の呼吸はレトリックだけの小僧監督には出来ない。これまで、難病物は実話の映画化と相場が決まっていた。現実の悲劇とのオーバーラップ効果を狙うわけだが、これが案外落し穴となるケースが多かった。本作は全くのフィクション、それも外国の翻案だけに、いくらでも自由な発想で構築できたのだと思う。難病への対処法が、投薬と化学療法だけが能ではないように、難病物もまた、涙と泣きの病床描写だけでは効果がないことに、堂々たる自信でメスを入れた本作は、見事なプロの凱歌だと思う」などと論じた[20]
  • ぴあは「ゴクミの稚拙ながらも生意気ぶりを強調した演技、対照的に仲村トオルに受けの芝居をさせた澤井監督のきめの細かい演出が光り、脇役陣の充実ぶりも相まって、芯の通った感動作に仕上がった」などと評価した[21]

影響[編集]

岡田茂東映社長が後藤久美子を気に入り「あの年齢で不思議な色気がある。次代を担うスターだ」と評し[22][23]、全面的にバックアップを表明[22]。本作に続く主演映画『ガラスの中の少女』を1989年の正月作品(1988年12月10日公開)として製作することを決めた[22]。『ガラスの中の少女』は、1960年吉永小百合浜田光夫のゴールデン・コンビが誕生した第1回作品のリメイクで、岡田裕介プロデューサーは「後藤君は何十年に一人という素材。第二の吉永小百合というふうに育てたい」[22]、「TBSテレビドラマ痛快!ロックンロール通り』などで見せるゴクミの、ものおじしない現代性を生かし、時代に合わせたものに作り変える」と話した[22]。東映は昭和30年代に吉永が歩んだ"美少女純愛路線"をゴクミで踏襲し、ゴクミには"国民的美少女"から"国民的映画女優"を目指して欲しいと期待した[22]。東映は『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で南野陽子をスターに押し上げ[24][25]、南野のアイドル映画も成功させており[23]、南野陽子と仲村トオルに加え、後藤久美子映画をヤング路線として続けていくことになった[23]

脚注[編集]

  1. ^ a b 映画の呼吸 2006, pp. 436-437.
  2. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」、『キネマ旬報1989年平成元年)2月下旬号、キネマ旬報社1989年、 171頁。
  3. ^ 映画「ラブ・ストーリーを君に」(後藤久美子出演)|映画|TBS CS
  4. ^ ラブ・ストーリーを君に|一般社団法人日本映画製作者連盟
  5. ^ a b c 「撮影現場訪問 ラブ・ストーリーを君に」、『キネマ旬報1987年昭和62年)12月上旬号 pp.137-141、キネマ旬報社
  6. ^ 「青春の光と影 インタビュー仲村トオル」、『キネマ旬報1988年昭和63年)6月下旬号 pp.104-107、キネマ旬報社
  7. ^ a b c d e f g h i 丸山昇一「『シナリオ作家が語る創作の秘密 『ラブ・ストーリーを君に』 題材への反発と共感」、『月刊シナリオ』1988年昭和63年)4月号 pp.22-27、日本シナリオ作家協会
  8. ^ 活動屋人生 2012, pp. 202-203、215頁.
  9. ^ 男の教科書! 東映セントラルの世界 〜セントラル・アーツの世界 仲村トオルインタビュー」、『映画秘宝2010年平成22年)12月号 pp.42-43、洋泉社
  10. ^ 増當竜也「映画俳優 仲村トオル ロングインタビュー」、『キネマ旬報2010年平成22年)12月上旬号 pp.44-51、キネマ旬報社
  11. ^ 増當竜也「映画俳優 仲村トオル 黒澤満インタビュー」、『キネマ旬報2010年平成22年)12月上旬号 p.52、キネマ旬報社
  12. ^ a b c d e f 映画の呼吸 2006, pp. 294-297.
  13. ^ a b c アイドル映画 2003, p. 175.
  14. ^ 丸山昇一インタビュー
  15. ^ 澤井信一郎「『ラブ・ストーリーを君に』監督インタビュー 難病映画における新しい試み」、『月刊シナリオ』1988年昭和63年)4月号 pp.29-32、日本シナリオ作家協会
  16. ^ a b c d e 映画の呼吸 2006, pp. 297-305.
  17. ^ 監督全集 1988, pp. 185-186.
  18. ^ 山根貞男「日本映画時評 映画、観念、そして肉体」、『キネマ旬報1988年昭和63年)4月下旬号 pp.168-169、キネマ旬報社
  19. ^ 映画をみつめて 1989, pp. 66-69.
  20. ^ 秋本鉄次「ラブ・ストーリーを君に特集1/評論 難病物のルーティンを超えたクールさ」、『キネマ旬報1988年昭和63年)3月下旬号 pp.76-77、キネマ旬報社
  21. ^ ぴあシネマ 1998, p. 695.
  22. ^ a b c d e f 「新作情報 日本映画ニュース・コープ」、『キネマ旬報1988年昭和63年)3月下旬号 pp.112-113、キネマ旬報社
  23. ^ a b c 「映画・トピック・ジャーナル 東映の岡田茂社長(映連会長)が早くも挽回宣言を—。」、『キネマ旬報1988年昭和63年)3月下旬号 pp.166-167、キネマ旬報社
  24. ^ アイドル映画 2003, pp. 143-144、170-171頁.
  25. ^ 大森望、田沼雄一「特集スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲 植田泰治、田中秀夫インタビュー」、『キネマ旬報1988年昭和63年)3月上旬号 pp.70-74、キネマ旬報社

参考文献[編集]