ラブ・ポジション ハレー伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラブ・ポジション ハレー伝説
OVA
監督 井内秀治
キャラクターデザイン 松下浩美といんどり小屋
アニメーション制作 サンシャイン・コーポレーション・オブ・ジャパン
製作 パック・イン・ビデオ
手塚プロダクション
発売日 1985年12月16日
話数 全1話 (93分)
テンプレート - ノート
ポータル アニメ、手塚治虫

ラブ・ポジション ハレー伝説』(ラブ・ポジション ハレーでんせつ)は、手塚治虫原作によるOVA手塚プロダクションとしての漫画を原作としないオリジナル・アニメ作品は、本作が初作品となる[1]

ストーリー[編集]

アメリカ・ネバダ州では、刑務所から脱獄した殺人鬼・ザンバによる連続殺人事件が多発していた。その中で、逃走中のザンバを目撃した少年は、父親に「ザンバは宇宙人に身体を乗っ取られた怪物だ」と伝えた。

同じ頃、日本で暮らす青年・毬田須春は、ハレー彗星から落下した隕石を調査するため、筑波博士と共にベトナムに向かおうとしていた。そのことを聞いた父親のロバートは、かつて自分の命を救い生命の大切さを教えてくれた少女ラミーナのことを話し、彼女に思い出のハーモニカを渡して欲しいと頼んだ。 た。

ベトナムに到着した須春は、山奥の廃墟で、少女のままの姿をしたラミーナとテクタイトを見つけた。数十年間の老いを感じさせないラミーナを不審に思いつつも、須春は彼女を日本に招待し、ロバートとの再会を実現させた。

数日後、筑波研究所に呼ばれた須春とラミーナは、筑波博士から「テクタイトは地球の生命の根源に関わる物質だ」と告げられた。テクノタイトの秘密を知る可能性があるとして、筑波博士はラミーナに尋ねるが、彼女はそこで「自分は地球を滅ぼすために創造主に遣わされた存在だ」と告白し、さらに「使命を放棄した自分を抹殺するために、ザンバの身体を乗っ取った遣いが日本に来ている」と告げた。ラミーナと共に研究所を離れた須春は、一路鷲鷹山に向かうが、それを察知したザンバも鷲鷹山へと向かう。

登場人物[編集]

毬田 須春(まりた すばる)
筑波研究所の研究員。ロバートからラミーナを守って欲しいと頼まれ、彼女を守るためにザンバに立ち向かう。
ラミーナ
地球を滅ぼすために創造主から遣わされた使者。ハレー彗星に乗って地球に来たが、地球の美しさに魅せられ使命を放棄する。ベトナム戦争の際にロバートと出会い、再会を誓い別れていた。
虎馬 由美(とらうま ゆみ)
須春のガールフレンド。父親は筑波研究所のスポンサーである虎馬化学工業の社長。ラミーナを須春の新しいガールフレンドだと思い込み動揺する。
ロバート・毬田(ロバート・まりた)
須春の父親。元アメリカ陸軍中尉で、ベトナム戦争に従軍していた。ラミーナとの出会いにより生命の大切さを学び、軍を除隊し大学で生命の大切さを訴えている。軍を除隊する際、除隊を拒否する司令官に反発し階段から飛び降りたため、下半身不随になっている。
ザンバ
強盗殺人の罪で服役していた囚人。刑務所から脱獄するが、逃走中に身体を創造主の使者に奪われてしまう。身体を乗っ取った使者は出会う人々を殺し回り、ラミーナを抹殺するため日本に向かう。
筑波(つくば)
微生物学者で筑波研究所の所長。ラミーナを守るため、ザンバの弱点を探す。
安居 吾洋(やすい ごよう)
虎馬社長の部下。次期社長になるために由美と結婚しようと企んでおり、ボーイフレンドである須春の命を狙う。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌「素顔のままで」
作詞 - 佐藤順英 / 作曲 - 花岡優平 / 編曲 - 若草恵 / 歌 - 長山洋子
挿入歌「フォーエバー・マイ・ラブ」
作詞 - 島エリナ / 作曲 - 千代正行 / 編曲 - 矢野立美

小説版[編集]

出典[編集]

  1. ^ ラブ・ポジション ハレー伝説”. 2014年1月18日閲覧。