ラブ・ラバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラブ・ラバー』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。

宝塚大劇場公演[編集]

参考資料は60年史別冊(ストーリーを除く)[1]

ミュージカル・コメディ『ラブ・ラバー』 -さよなら恋のベニス- 20場

ストーリー[編集]

※宝塚歌劇100年史の舞台編を参考[2]にした。

水の都・ヴェネツィアを舞台に様々な男女の悲しさ、愚かさが、美しいメロディーに乗って展開される、ショー形式のコメディ。スータニヤとジュンチャーノは幼馴染み。それぞれ愛する女性もいるが、恋愛は前途多難。他にもカップルの恋愛模様が入り乱れる。

スタッフ[編集]

主な配役[編集]

新宿コマ劇場公演[編集]

参考資料は90年史[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 60年史別冊 1974, pp. 145-147.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 138.
  3. ^ 90年史 2004, p. 280.

参考文献[編集]

  • 編集発行人:橋本雅夫『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』宝塚歌劇団、1974年。
  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年。ISBN 4-484-04601-6。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。