ラプンツェルのウェディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラプンツェルのウェディング
Tangled Ever After
監督 バイロン・ハワード
ネイサン・グレノ
脚本 ダン・フォーゲルマン
製作 ロイ・コンリ
製作総指揮 グレン・キーン
ジョン・ラセター
出演者 マンディ・ムーア
ザッカリー・リーヴァイ
音楽 アラン・メンケン
編集 ティム・マーテンズ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年1月13日
日本の旗 2012年10月24日
上映時間 7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 塔の上のラプンツェル
次作 ラプンツェル あたらしい冒険
テンプレートを表示

ラプンツェルのウェディング』(原題:Tangled Ever After)は、2012年発売のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作の短編アニメーション映画。『塔の上のラプンツェル』のスピンオフ作品である。

シンデレラ」ダイヤモンド・コレクション にボーナスコンテンツとして収録されている。

ストーリー[編集]

今日はラプンツェルとフリンの結婚式。国中でこのめでたい日を祝おうと、様々な催しが準備されていた。しかし、パスカルとマキシマスが預かっていた指輪が、マキシマスのくしゃみによって教会の外へ転がっていってしまう。このままでは大変なことになると思った2匹は、ばれないうちに指輪を取り返そうと教会の外へ飛び出す。

パスカルは城下の会食会場へ、マキシマスは街に転がっていった指輪を追うが、なかなか取り戻すことができない。やがて飛んでいるハトの脚に引っ掛かった指輪をパスカルが舌を使って回収するが、2匹はタールの店に墜落してしまう。

神父による誓いの言葉が終わり、振り返ったラプンツェル達はタールまみれのマキシマスとパスカルに驚く。しかし、フリンが指輪を受け取り、誓いのキスをラプンツェルとする。ほっとして座り込んだパスカルとマキシマスだったが、ウェディングケーキにぶつかり、ケーキはそのまま教会の外へ転がっていくのだった。

登場キャラクター[編集]

声の出演[編集]

※括弧内は日本語吹き替え