ラマー・クロウソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラマー・クロウソン(Lamar Crowson, 1926年5月27日 - 1998年8月25日[1][2])は、アメリカ出身のピアノ奏者[3]

フロリダ州タンパに生まれる。1943年から1948年までリード大学で歴史、文学、歴史を学び、在学中の1945年に米海軍に従軍。1948年にはアーサー・ベンジャミンに招かれてロンドン王立音楽大学に留学し、ベンジャミンにピアノを学んだ。1952年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで6位入賞。1957年からロンドン王立音楽大学に奉職し、1963年からイギリス王立音楽検定の審査官としてケープタウンを訪問。1965年から1968年までケープタウン大学のピアノ講師を務め、1969年にロンドン王立音楽大学に復帰したが、1972年から南アフリカ共和国に移住し、以降はケープタウン大学で教鞭をとった。1980年から同大学の教授に昇格し、1996年には同大学から名誉博士号を贈られた。

ヨハネスブルクにて没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Griffiths, Paul (1998年9月29日). “Lamar Crowson, 72, Pianist for Chamber Music”. New York Times. オリジナルの2013年2月8日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/J2qnN 2013年2月8日閲覧。 
  2. ^ Thackeray, Ruth (1998年9月10日). “Obituary: Lamar Crowson”. Independent. オリジナルの2013年4月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/gMKys 2013年4月21日閲覧。 
  3. ^ ラマー・クロウソン - Discogs