ラミネート装甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ラミネート装甲(ラミネートそうこう、Laminated Armor)は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空装甲である。

概要[編集]

オーブの協力を得て地球連合軍が開発した装甲である。ビーム攻撃を受けた際にそのエネルギーをに変換するとともに装甲全体へ拡散し、損傷を軽減することが可能となっている[1]。ただし、排熱が間に合わなくなると装甲が致命的ダメージを受けてしまう[1]。『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』では、同装甲を採用するスローターダガーが携行型ビームガンによる一撃で貫通される描写も見られた。

設定を担当した森田繁はインタビューにおいて、アークエンジェルには超熱伝導体が存在するため、許容量以上のビームを受けない限り破壊されることはないと語っている。ただし、逆に装甲全体が排熱量を超過した場合は艦体が崩壊するリスクも存在するという[2]

搭載機・戦艦[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.1」講談社、2003年2月17日初版発行、18-19頁。(ISBN 4-06-334678-1)
  2. ^ 『グレートメカニックDX20』双葉社、2012年3月、32頁、ISBN 978-4575464641。