ラモン空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ラモン空軍基地
בסיס חיל-האוויר רמון
Ah-64d.jpg
ラモン空軍基地のAH-64D
IATA: ? - ICAO: LLRM
概要
国・地域 イスラエルの旗 イスラエル
所在地 ミツペ・ラモン
種類 空軍基地
運営者 イスラエル航空宇宙軍
標高 648 m
座標 北緯30度46分29秒 東経34度40分04秒 / 北緯30.77472度 東経34.66778度 / 30.77472; 34.66778座標: 北緯30度46分29秒 東経34度40分04秒 / 北緯30.77472度 東経34.66778度 / 30.77472; 34.66778
滑走路
方向 長さ (m) 表面
07R/25L 3,010 アスファルト
07L/25R 2,700 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ラモン空軍基地Ramon Airbase) は、イスラエル航空宇宙軍空軍基地である。イスラエル空軍 第25航空団 (25th Wing, Canaf 25) の飛行隊が所属する[1]イスラエル南部地区ネゲヴ砂漠の北部、ベエルシェバ南西、ミツペ・ラモン近郊に位置する。ICAOはLLRMである。

概要[編集]

ラモン空軍基地は、1979年から1982年にかけて、キャンプ・デービッド合意に基づくイスラエル軍のシナイ半島からの撤退に伴い新たに建設された。建設にはアメリカ合衆国の民間企業が携わった。2本の舗装滑走路を持ち、F-16I Sufa戦闘攻撃機を装備する3つの飛行隊と、AH-64A Peten攻撃ヘリコプター、AH-64D Saraf攻撃ヘリコプターをそれぞれ装備する2つの飛行隊が配備されている。

飛行隊[編集]

第201飛行隊所属のF-16I Sufa
ワスプ・スコードロン(The Wasp Squadron)とも呼ばれる(Hornet、Wasp、どちらもスズメバチの意味)。


出典[編集]

関連項目[編集]