ラリーサ・カードチュニコヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラリーサ・カードチュニコヴァ
Лариса Валентиновна Кадочникова
ラリーサ・カードチュニコヴァ Лариса Валентиновна Кадочникова
生年月日 (1937-08-30) 1937年8月30日(81歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
国籍 ロシアの旗 ロシア

ラリーサ・ヴァレンチーノヴナ・カードチュニコヴァロシア語Лариса Валентиновна Кадочниковаラリーサ・ヴァリンチーナヴナ・カーダチュニカヴァ:ラルィーサ・ヴァレントィーニウナ・カードチュニコヴァ、ウクライナ語:Лариса Валентинівна Кадочниковаラルィーサ・ヴァレントィーニウナ・カードチュニコヴァ1937年8月30日 - )はモスクワ出身のソ連ロシアウクライナ舞台映画女優である。

概要[編集]

ラリーサ・カードチュニコヴァは、ロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国首都モスクワで生まれた。母はウクライナ生まれの女優ニーナ・アリーソヴァで、のち母娘で映画の共演もしている。

1961年全連邦国立映画大学(VGIK)を卒業、その年から1964年まで「現代人(ソヴレメンニク)」劇場に女優として勤めた。その後、ウクライナのキエフにあるO・P・ドウジェーンコ記念キエフ映画撮影所で学んだ。1964年からは、レースャ・ウクラインカ記念ロシア・ドラマ劇場キエフ・アカデミーで女優を務めた。1991年にウクライナは独立し、それ以降ラリーサ・カードチュニコヴァはウクライナで女優活動を続けている。

ウクライナにおける文芸活動に対する評価としては、T・G・シェフチェンコ記念国家賞を受賞しており、ウクライナの人民女優の栄誉も受けている。

フィルモグラフィー[編集]

  • «Василий Суриков» (1959年)
  • «Мичман Панин» (1960年)
  • «Воскресение» (1960年 - 1961年)
  • «Улица Ньютона, дом 1» (1963年、ロシア)
  • «Тіні забутих предків» (1964年、ウクライナ) - 邦題『火の馬
  • «Время, вперед!» (1965年)
  • «Криниця для спраглих» (1965年、ウクライナ)
  • «Вечір на Івана Купала» (1968年、ウクライナ)
  • «Комісари» (1969年、ウクライナ)
  • «Білий птах з чорною ознакою» (1971年、ウクライナ)
  • «Наперекір усьому» (1972年、ウクライナ)
  • «Мріяти і жити» (1974年、ウクライナ)
  • «На край света...» (1975年)
  • «Припустимо - ти капітан...» (1976年、ウクライナ)
  • «Море» (1978年、ウクライナ)
  • «Хористка» (1978年)
  • «Взлет» (1979年)
  • «Черная курица, или Подземные жители» (1980年)
  • «Історія одного кохання» (1981年、ウクライナ)
  • «Кража» (1982年)
  • «Киiвськi прохачi» (1992年、ウクライナ)
  • «Четвертая группа» (2006年、ウクライナ)